KORAIGAINIMOKATARU

子らに語る時々日記【抜粋】

宝探しのオリエンテーリング

親が思い描いたとおりの子育てなど、あり得ないことだろう。生まれ落ちたとき、すでに子は固有の内実を抱え持っている。才能が開花するよう進むべき方向性がセットされ、何に喜び何を嫌がるかもあらかじめチューニングが済んでいる。親は、その小さな種子の…

飲み会がパーになった瞬間

先日のこと。グランヴィアで打ち合わせがあった。早くに着いたので、わたしは入り口付近に立ちお相手の方が現れるのを待つことにした。場所が分かりやすく寒さもしのげる。待ち合わせの場所としてうってつけと言えた。すぐそばで談笑する若手サラリーマンら…

人を見るには、視、観、察

肉眼と書いて仏教の世界では「にくげん」と読む。肉眼というのは、人を外見だけで判断し決めつけるような反射的な反応であって、能力としては低次の部類に属する。高次の眼力としては心眼や天眼などがある。それが備わってこそ本質を見抜くことができる。先…

久々の奈良葛城、鶴亀の酒席

ここ数年で余剰の人手が払拭し、いまや一種の完全雇用に近い状態が続いている。だからどこも人手不足で求人広告を出しても思ったような採用が果たせない。とくに介護系の人手不足は深刻だ。空振りに終わり続ける求人広告であっても、一縷の希望託しやめてし…

たにぐちクリニック院長直伝のシンプル・ダイエット、成功者続出。

1日曜夜、阪急電車に乗って武庫之荘に向かう。待ち合わせは7時。車内、男の子二人連れの母親が斜め前に立っている。小さな子らは母にもたれるようにしている。母は時折左右に視線を送り何か話しかける。その度に子らが笑って、母も柔らか微笑み返す。そこ…

暖かく大切なもの

特に苦もなく毎日日記を更新している。その日心によぎった思い出をちょっとした時間の合間にさらり書く。自分にとってのアルバム作りのようなものであり、積もり積もって俯瞰すれば、何かかたちが見えてくるようにも思え楽しくもある。だからいい感じの息抜…

安本会イレブンがカウンターに陣取った

この夜、定例会は鮨さえ喜。安本会イレブンがカウンターに陣取った。さえ喜の寿司にありつくのはグレート・ギャツリー邸で振る舞われて以来、二度目。先だってより首を長くし待ちに待ったさえ喜であった。出されるものすべてが日頃お目にかかることのできな…

恩師のメールで毎月毎月初心に返る

土曜夜、練習の終わる時間を見計らいクルマで灘浜グランドに向かう。43号線は生活感ゼロで人の匂いもゼロ。荒涼としたような異界であって日常が断線したような空間に見える。このロケーションにDark Model がよく映える。何度聴いても新たな発見があって飽き…

子育て成就のための必須要件

子育てについてもその巧拙を評価しランク付けするようなことは可能なのだろうか。たとえば子の成長に対する貢献度が親によってはA評価であったりE評価であったりといったように、親の関与の出来不出来が子の人格と相関する。そういったことも大いにあり得る…

人として生まれたからには夢を叶えよう

長湯しながら本を読む。この日手に取ったのは、森博嗣さん著「夢の叶え方を知っていますか?」(朝日新書)である。買って正解であった。もはやわたしは中年であるが、おかげで自身の内で眠り呆けていた「夢」という活力の源を再訪できた。一日一日やり過ご…

喧嘩してさえ懐かしく愛おしい

恒例の金曜ロードショー、映画を見始めた。この夜は「レッド・ファミリー」。キム・ギドク脚本製作の韓国映画だ。北朝鮮の工作員ら4人で構成されるツツジ班は、仲睦まじい家族を装い韓国の地域社会に溶け込んで諜報活動を行っている。祖国からの司令に従い…

大阪星光33期冬会の報告2017

皆様、お疲れ様です。33期冬会、昨夜盛会にて無事終えることができました。グリを通じシマダ当選おめでとうとの言葉をオーエ君から預かりました。シマダにとって非常に感慨深い祝福の言葉だと思います。また、33期皆に対しエール送る言葉がオーエ君からあっ…

簡潔な記載によって知らされる事実の重み

先日のこと、広島の方の古い除籍謄本を目にする機会があった。記述を目で追って胸締め付けられるような思いとなった。昭和二十年八月七日、翌八日。まだ年若い姉弟について死亡の記載があった。届出は同月三十日。母親が届出者である。学校の歴史の授業で習…

一言にすれば、つながりの大阪星光

この日、大阪星光同窓会理事会が行われた。場所は高校棟2階の視聴覚教室。新年初回ということもあって各自の挨拶から始まった。孫が生まれた。子の結婚が決まった。そういった喜ばしい話が多く、もらい笑いの行き交うなごやか楽しい場となった。挨拶のあと…

自分自身の偏差値72

ちょうどテレビで下克上受験の始まる時間だった。以前、本を読んで感心させられた。どんなものだろう、と見始めた。偏差値41から偏差値72へ。親子で壁に計画表を貼っている出だしのシーンで記憶がよみがえる。下克上受験の本を読んだのは、日記を振り返れば…

原因と結果の法則

「原因と結果の法則」を読んだのはいつ頃のことだっただろうか。名著だと聞いて手に取ったのであったが、特に感銘を受けることもなく手応えのないような読書で終わった。だから内容もあまり覚えていない。原因があって結果がある、そんな当たり前すぎる話で…

張り合ってくる人への対処法

大阪屈指の下町で生まれ育った。先日、その近所の不動産屋に寄って耳にし驚いた。わたしが小学生だった当時、1学年にクラスは3つあり、どのクラスも30名以上の児童がいた。ところがいま全校合わせてものべ7人。わたしの母校はたった7人が通う規模の小学校に…

不要な勝ちは譲ってしまう

こう見えても二十代の頃は服にお金を使い、三週に一度は髪を切るなど身だしなみに気を使った。思い出せば笑ってしまうがファッション雑誌などをチェックすることもあった。街を歩くときウィンドウに映る自身の姿にチラリ目をやり悦に入るということもあった…

広大無辺な眠りの懐

今朝目覚めるときふとある記事のことが頭に浮かんだ。先日の毎日新聞。阪神淡路大震災で被災し妻を亡くした方の記事があった。倒壊した自宅の生き埋めになったのだという。家族揃って休日を楽しんだ翌朝のことであった。5年経っても10年経ってもが妻が不在と…

最強の仕事術マニャーナの法則

先日「仕事に追われない仕事術マニャーナの法則」という本を見かけ、なぜか気になり手に取った。ペラペラめくってこれは重要な本であると判断しその場で買い求めた。マニャーナという語に何かしら心当たりがあった。もしやと思い自室の書棚を調べると「マニ…

習慣づくりの谷

昨夜本を読んでいると横に息子がやってきた。何の本?と聞くので背表紙を見せた。「人生を変える習慣のつくり方(原題:Better Than Before)」。電車の車内広告で見かけて本書について彼も少しは知っているようだった。興味示して内容について聞いてきた。…

ヒトの生態を見事捉えたドキュメンタリー

映画「アクト・オブ・キリング」を見て、ある初老男性のことを思い出した。年の頃は六十路を過ぎたくらいだっただろうか。大阪の方であったが物静かな語り口が印象的であった。装いはダンディ。中折帽を被り、レザーのコートを羽織って、腕にはシルバーのロ…

音楽が景色を変えた

タクシーを探そうと通りに出た。新世界百貨店の前に一台停車しているのが目に入った。予約待機中だろうか。試しに手を挙げる。静か滑らか動き出しそのタクシーはわたしたちの前にピタリと停まった。探す手間が省けた。出だしから幸先いい。助手席に乗り込ん…

夙川オアシスロードを男子四人で北上した

この日の集合場所はアルベルゴ・セコンド。香櫨園駅すぐそばのイタリアンである。例のごとくわたしが一番乗り。ほどなくして安本先生が現れた。差し向かい座ってビールで先に始める。わたしにとって今月3回目の酒席。酔いが一気に回らぬようゆっくりペースで…

北野武の「TAKESHIS’」

雨の日曜、映画を見た。北野武の「TAKESHIS’」。初っ端から心掴まれる。立ち現れるすべてのシーンが、北野武テイスト。画面の向こうの作り手に、よっ千両役者と拍手喝采送りたくなる。どの場面もきっかいな可笑しみに溢れている。笑ってしまうシーン満載のな…

輪の中心にかがり火が点じられた

甲子園口わびさび。この夜、安本先生を囲んでの定例会は焼鳥屋。今年6月にオープンしたばかりの新顔店である。切り盛りする店主は腕利き目利き。大阪の老舗名店で長きに渡って研鑽を積んできた。駅南口から歩いて一分。ケンタッキーの角を左折した瞬間、目…

10周年へと向け、わしお耳鼻咽喉科がその歩を踏み出した

大事なことを伝え忘れていた。芦屋の阿部レディースクリニック院長から、祝5周年との言葉を言付かっていた。ところがわたしはわいわい飲みふけり、その言を懐に忍ばせたまま鷲尾先生に伝えそびれてしまった。記録係としての職務に照らせば、思い出したとき…

健康やったら、それでええねん

健康やったら、それでええねん。うちの母の口癖だ。幸い、母は70歳を過ぎてなお健在。母の子4人はわたしを筆頭にいまやまとめて40歳を過ぎたが、揃いも揃っていたって健康。だから、それでええねん、となって、うちの家族は仲がいい。母については苦労の絶え…

ガワよりナカミ

ちょっと気分がいい。実際確かにそうである。 わたしが手にするのは舶来の財布。中身はからっきしだが見栄えは上等。 その上等が似合うかどうかはさておいて、自分がひとかどの人物になったかのようであり、心なし気取った面持ちとなってしまう。 支払いに際…

内田和俊さん著「レジリエンス入門」を読んだ

ストレスについて再考を促される喩え話であった。キム・ギドク監督の「殺されたミンジュ」の一シーン。主人公が言う。ドジョウはドジョウだけの水槽に入れると早く死ぬ。ところが同じ水槽にライギョを入れると生き延びようと懸命になって健康で長生きになる…

息も絶え絶えの美

夜、子らは家にはおらず、一人で映画を見始めた。北野武の「あの夏、いちばん静かな海。」このところキム・ギドクの作品を観て圧倒され、隣国への対抗心というのであろうか、日本にも凄い監督がいたはずだ、そう思って北野武が浮かび、はじめてその作品を観…

幸福は短期決戦ではなく、長丁場

先日の会議の場、神父でもある先生がされた話が印象に強く残った。いまこの国の子どもたちは不穏なメッセージに取り巻かれている。大人はつい見過ごしがちだが、意識して子どもの目線になってみれば、どれほどネガティブな言葉が渦巻く環境に彼らが置かれて…

わしお耳鼻咽喉科開院を間近に控えたある夜の思い出

もう5年も前のことになる。英ちゃん冨久鮓と言えば難波の老舗。その二階座敷に12人の男衆が集結した。いずれも忙しい面々であるから日程調整は簡単なことではなかった。日時で言えば2011年11月4日の金曜日。わしお耳鼻咽喉科の開院がちょうど一週間後に迫る…

平穏が上機嫌を生む

世には思い通りになることとならないことがある。後者について心得違いするとストレスに見舞われトラブルに巻き込まれる。長い目でみたとき平穏であることが最良だ。日常生活が定常状態に保たれ精神的なコンディションが安定している状態。平穏こそが上機嫌…

ブレイス法律事務所「問題社員対策セミナー」に参加してきた

この日午後、グランフロントにて渡邉直貴弁護士のセミナーが開かれた。5冊目の著書となる「ブラック企業VS問題社員」の出版を記念しての催しであった。氏が所長を務めるブレイス法律事務所の「Brace」という一語に仕事への思いと志しが凝縮されている渡邉弁…

この夏、最も印象に残ったシーン

関空で目にした一場面。この夏、最も印象に残ったシーンである。わたしはセキュリティチェックの列に並んでいた。前に家族連れがある。夫がイタリア人で奥さんが日本人。そしてその子どもたち。夏のひとときを日本で過ごし、これからイタリアへ帰るというと…

Pia's the Padi は奇跡のようなレストランであった

タクシーに揺られ半時間。 島一番のレストランは辺境とも言える地にあった。 地味で小さな建物が点在するだけの僻地の村のなか、突如瀟洒な佇まいのレストランが出現する。 中に入ると、趣深く、向こう側に開ける牧草地からさわやかな風が吹き込んでくる。 …

「あなたが大切」というメッセージ

先日の夏会、我らが同期きょう先生も駆けつけてくれた。これ幸いとわたしは「子どもを守るために知っておきたいこと」にサインをもらった。13名の執筆者のなか、きょう先生も名を連ねている。昨今、急速にその名が行き渡り数々の誤解にさらされる発達障害に…

北朝鮮事情通は言った、自分より下の存在を人は欲する

三宮西口の待ち合わせ定番スポットと言えばマクドナルド。阪急の改札を抜けると真ん前にある。指定された時間より15分も早く到着してしまった。仕事あがりの夕刻時、マクドを背にし待ち人待つ人らの数は次第次第増えていく。そこに混ざってしばらく過ごす。…

ハザマ薬局からプログリーンが届いた。

体調管理にプログリーン。取扱店は数少ない。家族にせっつかれハザマ薬局にFAXで注文した。子らは牛乳に溶かしゴクリ一飲する。受験勉強の煩忙もラグビーの激闘もそれで乗り切った。頭脳に効いて美容にも効く。我ら家族の健やか平穏を支える秘薬。 写真は翌…

尼崎たにぐちクリニックのHPより

いい風貌。深みあって優しい声が写真から立ち上ってくるかのよう。丁寧で筋の通った思考は英国ケンブリッジ仕込み。来院者の問題解決に向け最善解を見出し助力惜しまない。ダイエットの実践指導についても先駆中の先駆。JR尼崎、たにぐちクリニック。 www.ta…

田中内科クリニック開院5周年記念

1夏日となったこの日、午後4時になっても陽射しは一向に衰えることがない。ちょうど今頃、相良さんが京橋駅で田中院長と落ち合っているはずだ。わたしは東西線を使って別途西宮から会場へと向かう。桜ノ宮駅を降り大川沿いの緑陰の道に入る。風やわらかく…

福効医院院長、晴天土曜の光景

晴天の土曜日の午前、福効医院の院長が子どもたちと賑やか遊ぶ姿を目にした。 山極寿一京大教授の言葉を思い出した。 「ゴリラの雄の力はものすごく強い。けれども、その雄ゴリラが小さな子供たちに囲まれると、力を抑制して子どものなすがままにたわむれる…

戦う、という文脈にあることは避けられない

一日の用事をすべて終えリビングに一人陣取る。待ちに待った時間。映画「クリード」を見始めた。テンポ良い出だしで一気にストーリーに引き込まれる。定番の筋をたどるがグッと胸に迫る場面が随所にあって、例のごとく学び多くやはり感動的な作品であった。…

月曜朝の乗り切り方

1月曜朝の乗り切り方にはコツがある。今朝もいつもどおり4時に目覚める。昨日張り切って2時間も走ったせいか疲労感が残っている。今日を皮切りに平日が続く。ヒタヒタと迫り来る現実から目を逸らしたい。しかし時間は容赦なく過ぎていく。もう朝なのだ、…

その発想が団欒の時間を大いに盛り上げた

食事の用意が整う迄のあいだ、ここ数日の新聞などを広げ息子と恒例の新聞談義。天声人語にあった太陽系9番目の惑星について話し合う。質量が地球の10倍。どでかい惑星が太陽から900億キロも離れた最外縁部の軌道を周っている。あまりに遠くにあるため太陽を…

なんちゃってセレブの世界

1仕事を終えて難波駅で乗り換える。構内の本屋で桐野夏生さんの「ハピネス」を見かける。かねてより話題になっていた。文庫化を機に手に取った。仕事の難所を乗り越えたところであったので、くつろいだ気分であった。立ち呑み屋の豊祝の前を通りかかって引…

吸って吐いてと仕事する。

月末まで煩忙が続く。遠回りし半時間は歩く道を選んで家へと帰る。星も凍りつくような夜道。ひとときの解放感にひたる。今日も一日よくやった。信条は、ちょっとの勝利で大勝利。気負えば端から負荷が増す。ちょっと進めば大躍進と自らに甘言ささやき、抜き…

机が時間の海を渡っていく

1巨大な丸テーブルをお役御免とし業者に引き渡した。直径150センチ、重心低くリビングに佇んできたそのテーブルは子らにとって受験勉強の主戦場であった。作業効率は広々としたスペースと強い相関がある。もちろん勉強についても同様のことが言える。子らが…

田中内科クリニックにて疲労から生還

疲労については芽の段階で摘むのが正しい。頭に靄がかかって動きがワンテンポ遅れる程度の空ぶかしのような状態、まだ疲労が心地いいと思える時点で手を打つのが得策だ。放置すると心身隈なく疲労の蔓でぐるぐる巻きとなる。そうなればワンテンポの遅れでは…