KORANIKATARU

子らに語る時々日記

忍び寄る気後れ

仕事で遅くなった。 食事をどこかで済ませて帰ろうと思案しつつ、夕飯はいらない旨、家内にメールした。 即座、家で食べるようにと返信がきた。 遅くに支度させるのが申し訳ないとわたしは思っていた。 が、せっかく準備したのにそれをスルーされる方が申し…

学んで伝えることが先人の責務

ゆうひが丘の総理大臣は、何かあれば会いに行くのさ懐かしい海へと歌っていたが、わたしはこの日、父を訪ねた。 先日、仕事の最終責任者として痛烈なパンチを喰うことがあった。 実際にどつかれた訳ではないが、受けたダメージは似たようなものとしか思えな…

海の日、夫婦で異空間を巡った

注文していた湯呑みを取りに京都を訪れた。 いつにも増して人で混み合っていた。 交差点では団扇が配られ、浴衣姿の方があちこちに溢れ、山鉾の姿が往来に見える。 それではじめてこの日が祇園祭の宵山の日なのだと知った。 錦市場も人で揉みくちゃになるよ…

母として選ばれた、としか思えない

いきなり舞台に立たされてもプロならそこで一芸を披露する。 突然息子の友だちが泊まりに来ても家内にとって朝ご飯を用意するなど朝飯前のことだった。 なにしろ歴戦の料理人。 子に美味しいものを食べさせたい。 それが家内のなか揺らぐことのないプライオ…

誰もいないので一人酒

梅田で家内と昼食を済ませ、クルマを六甲アイランドに向け走らせた。 傘もいらない程度だった小雨が次第強まり、試合が始まるときには本降りとなった。 期末試験の終わった翌日が近畿大会一回戦。 初戦の相手は奈良高校だった。 家内はママ友らと観戦するが…

思えばあっという間のことだった

相手の動きは凄まじいほど速く、手数も桁外れ。 だからゴングが鳴ったばかりの出だしは村田の劣勢と見えた。 が、村田のパンチはこの日も強烈に唸っていた。 まるで鉈や鎌をがつんがつんと振り下ろすかのよう。 相手の動きは見る間に鈍くなった。 1Rでもう…

日記を見れば胸の内が一目瞭然

昨日の昼、長男から電話があり近況を聞いた。 勉強が面白い、というから思ったとおり。 勉強もしたいし留学もしたい。 やりたいことが多すぎて時間がない。 なるほど充実の学生生活。 悩める青春時代を過ごしたわたしとは大違いである。 わたしのボタンの掛…

人生ほど重いパンチはない

業務の全てについて最終的にはわたしに責任がある。 だから思いがけずリングに立たされ、サンドバックみたいに連打を浴びることがある。 人生ほど重いパンチはない。 ロッキーの言葉を思い出しつつ、片膝つきそうになるのをなんとか持ちこたえた。 ともかく…

猫の手の思い出

猫の手も借りたいような状況であったので家内も駆り出し作業した。 夕刻6時過ぎようやく完成をみて家内の運転で帰宅した。 高速を走りつつ出た話題が小さいときの子どもたちのこと。 かつては子らと川の字になって寝ていた。 一緒に寝ようと子らが言うから…

人生おみくじの中の運不運

この歳になってつくづく思う。 例えば、誰に雇われるかで幸不幸が決まる。 良き雇い主と出合うのとそうでない雇い主と出合うのと結果は大違いだが、しかし最初に判別などつき難く、知ったときには後の祭りということになる。 人を人とも思わないような人がま…

あの爆裂の再現

夏間近、晴天の日曜。 地元の33期らと昼からBBQの予定であったが、急遽仕事が入ってわたし一人欠席せざるを得なくなった。 彼らの団欒のなかに交じる自分を想像しつつ机に向かい、家内は家内で芦屋にて開催のトルコマルシェに参加し各種ワインや料理など含め…

感動の一場面

待ち合わせは14:20。 早く着いたので夕陽丘の駅をあがったところで仕事のメール返信などをしていた。 そのとき日傘を差す女性が前を通り過ぎた。 見るからに上品な雰囲気で、大阪星光の生徒の母に違いないとわたしは確信した。 と、その女性が振り返ってこち…

未知の幕がまもなく開く

土曜になると通常はほっと一息というところだが今週は延長戦となった。 ちょっと嵩ある仕事が押し寄せやや身を竦めた月初となり、一丸となって迎え撃ちなんとか山場を乗り越えることができたもののいくつかの作業は残った。 今日の業務は、ひと山越えた後の…

出回る前に既に話がついている

甲州ワインを互いのグラスに注いで夕飯。 出だしは切干大根、そこにセロリや人参など各種野菜が入って酢の風味が食欲をかきたてる。 続いてカツオのたたき。 ねぎとにんにくがたっぷり載って、市場で買った新鮮なカツオだからふわふわ、実に美味しい。 アボ…

くつろぎの時間があってこそ

朝、職場に入るときはそれなりに張り詰める。 例えれば毎日試験を受けるようなもの。 今日もうまく答案を仕上げることができるだろうか。 長年同じことを続けているのに、ほんの僅かであるが緊張感を伴う。 そして蓋を開けてみれば今日も全行程を無事終えて…

バスに乗ると街が見違える

待ち合わせは17:55西宮北口駅着の普通電車。 わたしは自宅から歩いて向かった。 前線通過後、寒気が上空に吹き込んだからだろうか、蒸し暑さ和らぎ風が冷涼で心地いい。 まもなく西宮北口駅というところ。 流れる音楽がDark ModelのClose to Infinityとなり…

一日のうち最良の時間

習慣だから朝早くに目が覚める。 コーヒーを飲み新聞に目を通しているうちに6時を回る。 が、電車は次第混み始め8時を越えるまでとても乗れたものではない。 こんな風に朝の2時間を家でのんびり過ごすようになって数カ月は経過するだろうか。 かつては目…

終日雨が降り続いた

激しく雨降る日曜の昼、ガーデンズへと続く山手幹線はたいへんな混みようであった。 だから、昼を大起水産で食べようとのわたしの思いつきは眼前にひしめく車列を目にした途端に一蹴された。 まるで聖地巡礼。 世界中のクルマが集結し西から東からガーデンズ…

自分の周りにいるのがどんな人間なのか

家内は赤ワイン、わたしはハイボールを飲みながらタブレットで写真を眺める。 サラダとビーフシチューを交互に口に運び、写真について口にし合う。 長男が送ってきた沖縄旅行の写真と二男が送ってきた五島列島の写真が時系列で並んで織り混ざるので、ランダ…

芦屋ラグビー出身同士の早慶対決

午後の仕事が延期となりぽっかり時間が空いた。 梅田でスパイダーマンを観て音楽がとても良かったと感想メッセージを送ってきた二男を誘い実家に顔を出すことにした。 G20の影響で学校が休み。 こんな時間を利用しない手はない。 事務所で待ち合わせ二男を助…

家が最上の食事処

久々早い帰宅となったので家内を買物に誘った。 雨脚は激しくなるが傘は不要。 家をクルマで発ち10分後にはガーデンズの阪急食品売場でわたしたちは食材を吟味していた。 わたしがカートを押し、家内がカゴに品物を入れていく。 いつ頃からだろうか。 一緒に…

人類の夢が実現した世界

七月から始まる大口案件の準備もあって今週は忙しく早朝に出て遅くに帰ることになるから外食が続いた。 修学旅行に出かけて二男は留守。 こんなときこそ家内に楽をさせてあげないといけない。 一人で食事する場合の行き先はだいたい決まっていて朝なら松屋か…

出合いによって何かが変わる

どこの国にも美しい場所がある。 わたしは明洞の街中に清流が存在しているなど全く知らなかった。 日暮れ時、空気が澄んで水際は一層風が心地よく、清渓川の流れに沿って歩くことは幸福だった。 家内とその友人が前を歩き、わたしが後に続く。 二人の親しい…

離れてはいても家族は一つ

日曜夜、家内の電話に着信があった。 長男からだった。 特に用があるわけではなく暇だからかけてきた、そんな雰囲気の電話だった。 横にいるだけで話の内容がだいたい分かった。 30人のクラスのうちほとんどが内部生で一般入試組はたった4人で結構リスペク…

行きたい場所ばかりが次々増える

一階にあるペストリーブティックでケーキを買い、部屋から南山タワーを眺めつつ家内とお茶して過ごした。 お茶の後は別行動。 家内はソルファスにてエステを受ける。 待つ間、わたしはジムで運動することにした。 日曜の日課でもあるから旅先であっても当た…

暇なのでただ書いただけの日記

朝、広蔵市場を訪れた。 まずはスニネピンデトッという店で緑豆チヂミ、キンパ、タコの刺身を家内と分け合った。 続いて朝食第2ラウンド。 近くにあるユッケ通りに場所を移しユッケチャネッチャという店でユッケとユッケピビンバを注文。 精力そのものをか…

隣国に実の妹ができたようなもの

朝、無人のジムで走ってから町に出た。 明洞の路地に朝食を求める列が見えて加わる。 待つこと10分。 イェジ粉食の店外に置かれた簡素なテーブルに家内と向き合う形で腰かけた。 ピビンバ、スンドゥブチゲ、海鮮チヂミ。 主役三種とそれに添えられる副菜でテ…

たまには週末を遊んで過ごす

仕事を終えクルマを飛ばして向かうは関空。 ちょいとぶらりソウルを訪れ家内と二人、思う存分遊んで過ごす。 夜飯はホテル近くの神仙ソルロンタン。 なにせ飛行機の後ろのご婦人がソルロンタンについてばかり話していたものだから他を求める選択肢はなかった…

カラダが快だとすべてが肯定される

家内から連絡があり赤ワインを買って帰った。 夕飯は家内が三宮で買ってきたブランジェリーNaoのパン。 これにパテを挟んで食べるがとろけるおいしさ。 チーズとサラダで一息ついて、またパンとパテに舞い戻って何度もとろけた。 質素で素朴な夕飯であったが…

家族と他人は紙一重

仕事を終え中央大通を丼池筋に向かって歩いた。 わたしの姿を見つけると家内が助手席に移動したので、わたしは運転席の側に乗り込んだ。 さて、どこへ行こうか。 話し合うこと数秒。 クルマを走らせ向かうは芦屋。 土山人で夕飯をとることにした。 午後6時…