KORANIKATARU

子らに語る時々日記

寝顔は笑顔で明日も笑顔

連日飲み会、そんな年末年始は遠く過ぎ去り、ここ最近、酒席はせいぜい飛び石程度。

日常に戻った。

 

それでカラダも楽になる。

 

飲んで楽しい酒席の場も連続し過ぎるとコンディションを損なう。

強面の業務が居並ぶ平日に、出だしから不調で臨めば勝利などおぼつかない。

黒星続けばたちまち飯の食い上げとなるから、不調の実害は深刻だ。

 

たまには飲んで憂さを晴らし、平素は炭酸水で喉を潤しさっさと寝床に入ってカラダを休める。

このバランスが肝要で、寄る年波、自らの首を締めぬよう知恵がついて慎重になり、すべて全般に渡って安全運転が基調となっていく。

 

朝、目覚めのとき、頭と体がしゃんとしていてこそ分厚い一日を堪能できる。

逆だと、滅入る。

朝から滅入って、時間を追うごと更に滅入って、不完全燃焼で一日を終えて、憂いに沈むということになる。

これは苦しい。

 

前もってこの苦しさを取り除けるのならそれに越したことはない。

 

昨晩あまりに寒くて夜中に目が覚めた。

身を覆う毛布の隙間から、凍てつく冷気が侵入し、体温を貪り食っていくからまるでホラー。

 

普段、寝室に暖房など入れないが、耐え難いのでエアコンのリモコンを手に取った。

が、電池が切れていてうんともすんとも言わない。

 

耐えるか電池を探しに階下に降りるか。

 

数秒考え、わたしは起き上がった。

このままでは安眠からほど遠く明日に障る。

 

キッチンで、食べ物ではなく電池を探す。

見つけたときには、歓喜した。

 

25℃に設定しスイッチオン。

やがて暖かな空気が部屋を対流し始め、毛布のなかの温かみは増す一方となった。

 

これで満を持して明日に臨める。

そう思うからだろう、寝顔は笑顔で明日も笑顔。

苦しいより笑顔で過ごせる一日の方がいい。

 

もちろん、先程述べたとおりバランスが肝心。

お呼びかかれば、酒席の誘いを断ることはない。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20180125085704p:plain

Hiroshi Hamaya, Rickshaw Driver, Ginza,Tokyo, 1938.