KORANIKATARU

子らに語る時々日記

天国から聞き耳を立てる

和らかの湯に寄って帰宅し炭酸水だけ飲み早めに横になった。

 

夜10時を過ぎ門の開く音がした。

家内が2階リビングから階下に声をかける。

 

釜玉うどんか明太子パスタかチャーシュー麺。

どれがいい。

 

1階玄関を入ったばかりの長男が即座答える。

かまたま。

 

しばらくして風呂を終えた長男が階段を上がる音が聞こえた。

夜食の用意はすでに整っていて、食卓で母と息子の会話がはじまった。

 

話題は食べ物のこと。

おにぎりのサイズや具のリクエスト、弁当の内容について。

 

そこに二男も混ざる。

試験が終わればまた彼の友人らが遊びにくるらしい。

やはり食べ物が話題の中心。

もてなすメニューについて討議が重ねられている。

 

わたしは3階寝室でそんな話に耳を澄ませる。

天国にいるのはこんな感じかもしれないと想像してみる。

 

天上においてもおそらく地上と同じ。

何気ない日常の会話ほど心休まるものはない。

 

うどんを食べ終え、次にデザートに進んだようだ。

アイスが美味しいとの息子の声がして、聞き耳を立てた。

わたしが帰りに買ってきたハーゲンダッツのアイスがお気に召したに違いない。

 

そう喜びかけてベッドのなかでずっこけた。

彼らが愛でているのはハーゲンダッツとは異なる銘柄のアイスであった。

階下の団欒に親父の出る幕は一分もなかったということになる。

 

そして夜が明け、また食べ物について会話行き交う我が家であった。

朝6時、兄弟二人は焼き肉とフルーツを平らげて家を飛び出していった。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20180302173001p:plain

Acquerello di Henry Miller