KORANIKATARU

子らに語る時々日記

つむじ風ボーイズ

終業の場所は梅田。

たまたま近くにいた家内をピックアップし家路についた。

 

家に着いて夜8時過ぎ。

翌日、仲間と集まっての飲みなのでお酒は飲まずに過ごそうと思ったが、上等もののチョリソーやらハムやらがさらりと焼かれ香ばしく、そこに句読点があってしかるべきといった自然さで、ビールグラスを傾けることになった。

 

子らは10時過ぎまで戻らない。

帰りを待つ間、家内との飲み会ということになった。

 

飲まないときは飲まないが、飲み始めると欲しくなる。

お代わりを所望し、その引き換え、今後は弁当携えて出勤することに同意した。

 

持ち運ぶのが面倒なので固辞していたが、以後外食を控え弁当で食事済ませることになる。

栄養バランスとカロリー、それに出費という点に着目すれば、そう悪くない取引と言えるだろう。

 

そのうち上の息子が帰ってきた。

家内は夜食の支度に取り掛かる。

続いて門の開く音。

下の息子も帰ってきた。

 

風呂に飯にと一気に家が活気づく。

静かだった空間に、ライブな賑わいが吹き込まれたようなものであった。

 

子が巣立てばさみしいかもしれない。

そう家内は言うが、近くであろうが遠くであろうが、つむじ風ボーイズが健在と思うだけで心華やぐのだから、それでいいのではないだろうか。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20180424075500j:plain

Wim van den Heever