KORANIKATARU

子らに語る時々日記

頬つねって夢から覚める

息子と過ごす間、観た映画は一本だけではなかった。

 

『ウィンストン・チャーチル』には長男も関心を示し、ときおり後ろから画面を覗き込み話しかけてきた。

 

チャーチルの首相就任演説と『英国王のスピーチ』はどっちが先なのか。

そう問われ、思わず言葉に詰まった。

 

こんなときはネットで検索するに限る。

映画を一時停止しグーグルで調べた。

 

英国王ジョージ6世が国民に向けスピーチしたのは1939年9月3日。

イギリスがドイツに宣戦布告した日のことである。

 

そしてその半年後、チャーチルが首相になった。

その就任の演説は1940年5月13日。

 

英国王が国民を鼓舞しドイツを向こうに回したものの、以後ドイツは勢力を拡大し続け、イギリス上陸まであと一歩というところにまで迫った。

この難局においてチャーチルが首相に選ばれ、再度、国民を鼓舞することになった、という流れである。

 

そう把握できるとストーリーにぐっと入っていきやすくなる。

 

映画のなか一番の見せ場はチャーチルが議会で行った1940年6月4日の演説の場面だろう。

 

ドイツを相手に和平交渉を進めたい。

閣僚らのそんな思惑を断固はねのけ、「海で、空で、海岸で、敵の上陸地点で。野原で、街中で、丘で戦う。いかなる犠牲を払っても祖国を守り抜く」とチャーチルは議員らに強く訴えかけた。

 

鳥肌たつような迫力であり震えるような感動を覚えつつ、その場面を一緒に見ている息子に言った。

 

映画『ブレイブ・ハート』でスコットランドの民に決起促すウィリアム・ウォレスの熱弁に匹敵する。

だから新婚旅行のときスターリング城まで足を伸ばした。

 

長男はわたしの話には乗ってこず、ぽつりと言った。

相手側も同じように鼓舞されているのだろう。

 

なるほど、そう言えばそうに違いない。

向こうにはヒトラーがいて、ゲッペルスがいた。

ドイツの民も魂ゆさぶられるほど鼓舞されていたはずである。

 

鼓舞が感動を呼び、ドラマであれば不可欠な要素にもなるが、しかし、よくよく考えれば鼓舞されるというのは、ある種の陶酔、つまり理性が麻痺した状態と言えなくもなく、そうであれば危なっかしいことこの上ない。

 

ここ一番、鼓舞が決定的なパワーを引き出し得るのも確かなことだろうが、その結果は誰も与り知らない。

後は野となれ山となれとならぬよう、渦中にあっても頬つねって夢から覚める。

そんな程度の冷静さは持ち合わせていた方がいいのだろう。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20181016082331j:plain

2018年10月16日午前5:30 後ろ姿を見ながら駅に向かう