KORANIKATARU

子らに語る時々日記

まるで滝に打たれたかのよう

午前中に業務を終え事務所近くのジムに向かった。 あまり足が遠のくとカラダが弱って免疫力が落ちる。 そう思うと運動したくてたまらないという気持ちになる。 普段よりも清掃が行き届いているのに驚いた。 どのマシンもまるで新品、ピカピカに光って見えた…

第二、第三の新婚旅行

息子が二人いると忙しい。 朝食の支度をしてから午前中にジムを済ませ昼食を作って家内は食材の買い出しに出かけた。 長男が家にいる間、たっぷりおしいものを食べさせたい。 そうとだけ思うから、普段は並ぶことのない列に加わり辛抱強く順を待って息子のた…

近所付き合いも良好

家内にとって隣家の女子は姪っ子みたいなものなのかもしれない。 結構気にかけ面倒みていて、向こうもなついている。 一緒に旅行までするのだから今どき珍しい近所付き合いと言えるだろう。 息子らの食事の支度を終えジムでカラダを整え、そしてこの日は昼か…

手狭な店で肩寄せ合った

朝から降り続いた雨が夕方やんだ。 近場の風呂屋に出かけサウナで生気を取り戻す。 待ち合わせは午後7時。 野田阪神の寿司割烹もりに歩いて向かった。 途中、勉強場所からやってきた二男と出くわし一緒に歩いた。 店に入ってまもなく家内と長男が現れた。 …

仲睦まじくて微笑ましい

天王寺を後にし実家に寄った。 新型肺炎に関する報道が加熱する一途で緊迫感さえ漂うこの時節、知らぬうち菌を運んでうつすリスクを言うより先、親の顔を見に行くのが当然の話だろう。 親の顔を見て安心した。 コロナウイルスなどどこ吹く風。 両親ともに元…

効果を実感すればするほどやる気が高まる

仕事後、西九条の大福湯に向かった。 足繁く通う時期もあったが、いつのまにか足が遠のいていた。 訪れたのは何年ぶりのことだろう。 ひそやか流れる無名の演歌が場末感を醸し、懐かしさが込み上がる。 無人のサウナでしばしくつろぎわたしは昔日をしのんだ…

金太郎と桃太郎が久々ひとつ屋根の下

土曜深夜、家内の携帯が鳴った。 明日帰る。 長男からの電話だった。 日曜朝、夫婦揃って武庫川を走った。 前日は北に針路をとったがこの日は南。 河川敷で野球やらサッカーやらに励むちびっ子の姿を横目に見つつ暖かな陽射しを真正面から浴びた。 息子が帰…

地元は思い出の宝庫

休日の朝は家内とジム。 そんな習慣になっていたが大事をとってこの日は取り止めた。 代わりに屋外を走ることにした。 武庫川沿いを宝塚方面に向け小走りで進む。 走っていても家内の口数が減ることはない。 息子らが自転車に乗れるようになったのは家内のお…

席が前と後、すべてはそこからはじまった

キッチンカウンター越しに料理を受け取った時、それが一瞬ステーキに見え、わたしは大いに喜んだ。 が、まじまじ見れば、似ても似つかない代物。 しいたけの原木。 そのバター焼きが夕飯のトップバッターだった。 食べてみると案外おいしい。 しかしながら、…

夜はドラマにうつつを抜かす

時が時だけに、人の出入りが多い時間帯でのジムは控えよう。 夫婦でそう話し合い、この日もアフターファイブをのんびり過ごした。 夕飯の量は控え目。 サラダが前菜でその他は牛肉の小皿と鶏団子スープのみ。 昆布と塩だけで味付けしたというスープに野菜の…

無事という語の重みを思い知る

午後、外出しようとしたとき財布がないことに気づいた。 血の気失せたまま、近くの牛丼屋へと駆け出した。 そこに置き忘れたに違いなかった。 仕事のことで頭がいっぱいでお腹もいっぱいになって、あろうことかテーブルの下にトートバッグを置いたまま店を出…

スナック家内は年中無休

出先で待ち合わせ、一緒に電車で帰途についた。 駅前のスーパーで軽く買い物を済ませる。 帰宅し真っ先、風呂に入る。 新型肺炎の脅威が迫る。 まず最初に清潔を確保しないと落ち着かない。 夕飯メニューのトップバッターは鯛の粗煮。 ワイルドターキーのハ…

愛すべきは一般人

朝食はボイルしたカニと豚しゃぶ。 それらを平らげ二男は朝6時過ぎには家を出た。 なんて真面目な家族なのだろう。 そう話し合いながらわたしたち夫婦は三連休最終日も朝イチでジムに向かった。 空はうららか晴れ渡り、街の緑が微風にそよぐ。 絶好のお参り…

新米の初老夫婦、食材揃え息子の帰りを待つ

朝イチでジムを終え、午前10時、家内と二人で電車に乗った。 保冷バッグを携え目指すは播州赤穂。 目的は牡蠣。 かねてより旬のうち牡蠣小屋に行こうと話し合っていた。 女子の美容には牡蠣であり、だからか家内の大好物でもあった。 芦屋で新快速に乗り換え…

日記がなければほぼ全てが消え失せる

寄る年波か、食べたものがすぐには思い出せない。 朝の光景を時系列で辿って、朝食の記憶ににじり寄る。 身支度を整え学校に向け出発しようとする息子にこの日の朝は起こされた。 そのとき、おやつ代を手に握らせ読むべき記事を手渡した。 先日の朝日新聞で…

濃い日と薄い日についての正解談義

たまには家内と昼食をともにする。 出先で待ち合わせ、家内が選んで予約してくれた店のカウンターに並んで座った。 長男を東京にやってまもなく一年。 夫婦の会話は長男の話題から始まった。 ちょうど一年前のいま、大学入試の真っ只中だった。 が、日々長男…

小さな二冠にひたって憩う

3日も空くと行く気が失せる。 が、家内がそそくさと準備を始めるので従わない訳にはいかない。 助手席に乗って運ばれること10分。 やむなくマシンと対峙した。 たった3日空いただけで、平素の負荷がカラダに堪える。 だんだん慣れて快調、といった風にはな…

赤ら顔の中年がはたと膝を打った

帰途、天王寺駅に差し掛かった。 この日の業務はすべて片付けてある。 となると、足は自然、阿倍野正宗屋に吸い寄せられるのだった。 カウンターに座り一人の世界に憩いはじめたとき、長男からメッセージが届いた。 ジムで撮った写真が添えられている。 鍛え…

よき先輩に恵まれて幸い

自営の者であるから無論職場に先輩はおらず、同じ業界の人とつるむことがないのでそこにも先輩といった存在は皆無。 大阪で暮らして長く、大学の先輩とも疎遠。 だからわたしにとって身近に接することができる先輩は大阪星光OBをおいて他にない。 この日、午…

見栄を張ってもいいことなど一つもない

『受験は母親が9割 佐藤ママ流の新入試対策』との書名に目が留まり買って帰って家内とともにざっと目を通した。 親が志望校を間違える、という箇所があって夫婦揃って頷かされた。 間違いの元は見栄だという。 赤ワインを注ぎ合いつつ家内と二人、見栄につい…

強靭な根とも言える存在

先に着いたので店先に立って一人待つ。 耳にする音楽は『DANCE MONKEY』 まもなくエスカレーターに運ばれる二男の姿が見え、その後、家内も現れた。 三人揃ったところで店内に入る。 席に着き家内が肉を注文していく。 場所は梅田の但馬屋イーマ。 個室なの…

静けさを保つこと、それが初手になる。

午前中にジムを終え、家内はヨガのレッスンを受けに行くというのでわたしは事務所で仕事でもすることにした。 駅の階段をあがると前を親子連れが歩いていた。 幼い男の子が横を歩く母に言った。 「大阪と違ってここは静かで落ち着くなあ」 二人を追い越しざ…

最後の最後、もう続きはない

家でゴロゴロして過ごそう。 そんな空気になりつつあったが、心の奥底、2日連続でジムをさぼるなどあってはならないという思いが双方にあった。 結局、互い励まし合ってジムに向かうことにした。 金曜の夜、みな遊びに出かけているに違いない。 ジムはがら…

あと少しで登りは終わり

当日に顔を出すことはできないが前日なら少しは時間があった。 午後、頃合いを見計らい実家に寄った。 以前は花を持参していたが、母の好物が寿司と分かってからはそれ以外の選択肢はなかった。 誕生日おめでとう、そう言って玄関先で母に特上2つを手渡しす…

毎夜毎夜の思い出劇場

水曜夕刻、ジムを終え家内の顔が浮かない。 ここ数日、二男がほとんど勉強していない。 先輩の卒業式の際は当日だけでなく前日も皆で一緒に夜まで過ごし、先日の試合の際も当日だけでなく翌日も友人らと過ごした。 勉強に関し長男の学校に比べてゆるく、つま…

試合後はうちが合宿所になる

試合会場は関学三田グラウンドで開始は午前10時半。 だから朝一番、夫婦揃ってジムでのノルマをこなした。 いつもより早回しで一時間汗を流し帰宅してすぐ、三田に向けクルマを走らせた。 助手席に座る家内の二万語を聞くうち、最初の目的地であるエス・コヤ…

久々実家に寄った

休日のはざまの月曜日、仕事を早めに切り上げ実家に向かった。 途中酒屋で龍力という日本酒を買った。 駅を降りると急に雨が降り始めた。 コンビニでビニール傘を買いそれを差す。 不意の雨に見舞われ大勢の人がずぶ濡れだった。 ただでさえ冷え込みが厳しい…

とてつもなく貴重な学び

前日温泉に入って英気が養われたからだろう。 最強主婦が復活を果たした。 日曜なのに朝6時前には起き出し、家内は海老天を揚げ始めた。 同時にケッチャプライスの上に濃厚チーズやエビなどの具を散りばめてドリアを焼き、刻んだ野菜をたっぷり巻いてベトナ…

感謝すべきことばかり

土曜日の朝、二男を送り出してすぐわたしたちも出発した。 2月8日、昨年と同じ日付でのお伊勢参りとなる。 環状線で鶴橋まで出て近鉄特急に乗り込んだ。 ドトールで買ったコーヒーを飲みつつ柿の葉寿司を食べ家内と車中くつろいで過ごした。 途中何度も居眠…

ありきたりな日常の一コマ

金曜日夕刻、掃除屋さんが帰る頃を見計らって帰宅した。 家がきれいになって上機嫌な家内とともに向かうはジム。 クルマのなかでコーヒーを分け合ってBCAAを夫婦揃ってゴクリと飲み込んだ。 前日からの厳しい冷え込みのせいか人もまばらなジムでたっぷり90分…