KORANIKATARU

子らに語る時々日記

二ヶ月ぶり、ジムで呻いた

ジムを訪れたのは3月20日以来のこと。 2ヶ月以上に渡りジムなしで過ごしたことになる。 その間、家内と武庫川を走り、六甲山に登り、最近はひとり淀川沿いを走っていた。 季節を感じ自然にも触れることになって心に好作用もたらされたことは間違いないが、や…

ワンワードで認識が様変わりする

土曜の午後、王寺を訪れた。 そこに顧問先があり、仕事で出入りしかれこれ10年になる。 その間、長男が王寺の中高に通って卒業し、王寺の名店鶴亀は先ごろ閉店となった。 たまに訪れる程度の地であるが、息子の学校がそこにあれば自然、思い入れが強くなる。…

仕事人の疲労管理

このところ忙しい。 だから疲労をためぬよう早めに手を打つ。 寝る前、疲労が出やすい場所に冷湿布やロイヒを貼り、だるさを感じればマッサージ屋に足を運ぶ。 家に帰る道すがら風呂につかるし、できればサウナで汗を流す。 金曜夕刻、一週間の業務を無事に…

親は単なる子の踏み台

間もなく家というところ。 打撃音が聞こえた。 もしやと思って目を向けると、公園の照明の薄明かりのなか二男の姿が浮かび上がった。 縦横無尽に駆け回り、随所でボールを強く打つ。 打撃音が高らか鳴り響く。 それで心弾んで一日の疲労が癒えていった。 だ…

ひとつ屋根の下の奇跡の物語

一日一日が慌ただしく過ぎていく。 だから気づかぬうち、結構な量の疲労が降り積もる。 それで水曜の午後、にんにくラーメンを食べた後、マッサージを予約した。 やはり指圧は素晴らしい。 身体を横たえ背中を押され、わたしは思う存分その心地よさにひたっ…

古くからの飲み仲間

食べたい。 そう頭に浮かんだものを朝昼食べる。 ほぼ無思考、畜生レベル。 夜も同様。 ただ、ほんの少し理性が意見し大事をとって飲み屋は避ける。 消去法を勝ち抜く王者は決まってコンビニ。 毎夜そこで惣菜とビールを買って仕事後、職場で憩うことになる…

すべてが移ろっていく

その昔、足繁くプールに通っていた。 仕事を終えて泳ぐだけでなく、通勤バッグに水着を忍ばせ出先にプールがあれば水に入っていたので、プールに耽溺しているも同然と言ってよかった。 当時は思った。 この世からプールがなくなってしまうとどうなるのだろう…

見ているだけで十分楽しい

日曜も午後から淀川河川敷へと向かった。 様々な野球チームの練習風景を横目に走って、野球の魅力を再確認した。 単なるキャッチボールであっても惹きつけられる。 だからノックの達人などを目にしたときには、ついつい足が止まった。 自在にバットを振り回…

したいと強く思う順にこなす

朝5時前には朝日が差してわたしも活動を開始した。 よく訓練された隊員みたいに5分で身支度整え玄関を出た。 門を開ける際、もしやと思ってクルマに乗り込みエンジンをかけてみた。 案の定、エンプティに近かった。 給油はわたしの役割。 そのままアクセル…

人生の吊橋時代

何やかやと忙しく土日も仕事で潰えるが、元々はそんな過ごし方が標準だった。 あちこち出かけて遊び回ってもただそれだけのこと。 この歳になれば無為に遊ぶより求めに応じて仕事する方が、命の用途としてはるかに適切と言えるだろう。 そしてその分、家内が…

大漁旗はためく好漁場

木曜夕刻。 仕事を終えてサウナから出たとき家内から写メが届いた。 二男がうなぎを食べている。 美味しいと言って喜んで、ご飯をお代わりしたという。 うなぎは最強のスタミナ食。 いっぱい食べて勉強がんばれ、との伝言を家内に頼んだ。 時刻は午後7時。 …

阿呆となって解き放たれる

出先から事務所に戻る道中、うなぎ屋の前を通りかかった。 息子の大好物である。 せっかくだからと、うなぎ2尾とキモ1舟を買い求めた。 家内も喜ぶに違いない。 夕刻を過ぎ業務を終えた。 後は自由時間。 好きに過ごして構わない。 仕事後の満足感にひたり…

寂しさの尽きた向こう側

早朝出かけて夜も遅くなる。 朝と昼は手近な店で済ませ、夜はコンビニで買ったものを事務所で食べる。 土日もそうであるから、ちょっとした単身赴任のようなものである。 仕事を終え、コンビニで買ったビールを飲みつつそう思う。 たった数日こんな暮らしが…

スイカのおいしい季節

いつか仕事が楽になる。 そう思っていた。 実際、この歳になって仕事の負担はかなり軽減された。 しかし、当初夢想していたのは負荷からの完全解放。 無重力とも言える状態をあてこんでいたので、マシにはなったが楽になったとはとても言い難い。 その昔、体…

ひとつがいの野生の声

日曜日、することがない。 月曜を先取りし仕事でもしようと思うが、その気持ちを抑えた。 駆け出しの頃は土日も祝日もなかった。 年季を積むほど余裕が生じ、最近では平日にさえ暇があるという状態になった。 余裕ができてはじめて、休日の大切さを痛感する…

父が息子に残すもの

天気予報では激しい雨。 だから事務所にこもって過ごすことにした。 始発に間に合うよう家を出たその瞬間、ぱらぱらと雨が降り始めた。 駅のホームには平日の始発時と同様の顔ぶれがあった。 土曜でも平日と同じ。 そんな勤務体系の人はいまも珍しくない。 …

パーとグーの決着は揺らがない

金曜夜、家で風呂をあがったところでビールが飲みたくなったのでぶらり中華の大貫を訪れた。 入口付近のカウンター席に腰掛けてキリンビールと五目そばを頼んだ。 大貫は古くからの地元の名店。 先ごろ新装開店となったばかり。 このご時世であるが結構な客…

大好物が大行列をなす

二つ残っていた豚まんを二つとも長男が食べてしまって以来、二男にとって豚まんは特別の思いを抱く食べものになった。 二男の大好物は豚まん。 家内は気軽にそう捉えているが、思いのなかに含まれる怨念といった要素がこそげ落ちているから単に大好物という…

久々の外めし、ただ書いただけの日記

待ち合わせ場所はJR芦屋駅。 大丸で買物を済ませた家内と合流し、夕暮れの涼風に吹かれ東に向いて歩いた。 目指すは、あーぼん。 なかなか予約が取れず、訪れるのは4年ぶりのことだった。 すっかりその味を忘れていたが、やはり別格。 一本目の串から感嘆の…

黙っていても前へと進む

疲労が溜まると動きが止まる。 前へと進む意思はあっても空転し、もがけば苦しくジタバタしても停滞を脱することができない。 ジムやサウナに通っていたのが遠い昔のことのよう。 血流は最果ての下流のごとく滞り、疲労物質がうず高く堆積しては上流に向け毒…

発火する命そのものが主題

魚を焼くというので、帰途、たこやに寄った。 女将が言うにはメバルがおすすめ。 切り身にしてもらい、ついでにアワビも手に取った。 家内の大好物である。 きっと喜ぶに違いない。 家内が支度し、いつものとおり二人で夕飯を共にした。 焼き上がったメバル…

部屋はジャスミンの香りに満ちていた

分厚い雲が空を覆って日差しは完全に遮断された。 家内にとってはジョギング日和。 それで久々、二人揃って武庫川に向かった。 明け方の雨で芝が濡れ、朝の冷気が地表を這って実に快適。 空と川面に映る分が合わさって、ふわふわの雲に両ばさみになったかの…

人生の後半戦がまもなく始まる

朝はリビング、途中から自室で息子が学校のオンライン授業を受け、わたしたちは彼の勉強の様子を見守りつつ邪魔をせぬよう家で静かに過ごした。 昼を過ぎ息子が勉強場所へと出かけ、各自の一日が始まった。 急を要する仕事が幾つかあったのでわたしは事務所…

日頃は見過ごす写真を注視した

新型コロナの影響で客先が激減した。 だから残った客先を大事にしないといけない。 そう掃除屋さんは言った。 それで大サービスとなって隅々まで掃除してくれ、頭上高い位置にある棚の上まできれいにしてくれた。 そのような経緯があって家内は棚の上に並べ…

一枚のハガキが会話を彩った

帰宅すると33期池田くんからハガキが届いていた。 この4月から京都府立医大の教授に着任したとある。 なんとめでたい。 コロナ禍が収まれば早速33期で集まってお祝いせねばならないだろう。 池田くんと言えばデビル軍団の一員。 岸和田のだんじり曳きでかつ…

連休最終日の記録

5連休の最終日は当然に仕事。 助走あってこそトップスピードで平日に飛び込める。 仕事の再開は、皿回しの要領。 休止していた皿を一つずつ回し、次第その数を増やしていく。 同時進行で皿がまわり始めてやっとのことお留守になっていたリズムがよみがえる…

場数を踏むことが第一歩

カネちゃんと電話で話し終えた時刻がちょうど午後8時。 二男はすでに帰り支度を整えていた。 事務所を後にし駐車場まで並んで歩いて夜道を走るクルマの中でも両隣。 いちばん感動した映画について話し合い、それが入口となってこの日も会話は根源へと向かっ…

息子と話せればそれで十分

時間を持て余すとよく近くのTSUTAYAをぶらついた。 あてなく棚を物色し、偶然手にとるという形で数々の映画と出合ってきた。 近所のTSUTAYAがなくなってもう何年になるだろう。 いまや動画配信サービスがひしめき合い、一つところにいながら好き放題に作品を…

事務所キャンプ二日目

朝はテールスープとテールラーメン。 こんなにおいしいもので一日が始まる。 なんて幸せなことだろう。 家内の料理の腕前に二男と二人で賛辞を送り、前日同様、男二人で事務所キャンプ二日目に臨んだ。 この日の毎日新聞の「映画愛」で藤原帰一さんが『AKIRA…

暮らしの土台の強固盤石

小松菜をたっぷりと鍋に投入しテールを煮込み、裏庭で育ったミントの葉でシロップを作っているとインターホンが鳴った。 家内は階段を駆け下りた。 八尾の実家からうちの息子たちに牛タン、牛バラ、ホルモン、ウインナーといった差し入れが届いたのだった。 …