KORANIKATARU

子らに語る時々日記

声を掛けてもらって幸せMAX

阪急電車に揺られ西宮北口に向かった。 半開きの窓から生暖かな風が吹き込んできて、ただただ暑い。 同じ車両のなか見渡すと、わたし以外にもスーツを着た人が2人いた。 見るからに暑く、ますます暑い。 場所は西宮ガーデンズ4階の魚盛。 時刻は7時を少し…

子の成長譚が心を満たす

月曜の仕事後もジムに連れられた。 たまたま家内のジム友女子が居合わせた。 バーベルをしっかりやった方がいい。 ジム上級者である彼女の言に従い、その監督下、何度も上げ下げすることになり、疲弊した。 胸に続いては腿。 同じく指導という名の監督下、目…

身近なところに意外なお手本

日曜朝、ガタイのいい青年らがジムの中に入ってきた。 どこからどう見てもラガーマン。 そうなれば家内はじっとしていられない。 まるで古くからの知り合いといった感じで家内は彼らに話しかけた。 聞けば案の定、ラグビー選手。 関学の2年生だという。 奇…

ビールの他におそらくワインは2本空く

携帯があることで常に連絡可という状態に置かれる。 情報の行き来を線で結び視覚化すれば、家族間のやりとりが際立って濃くなり、そこがひとつの確たる世界なのだと瞭然とすることだろう。 その昔、家内や息子たちとやりとりすることはなかった。 結婚によっ…

ここまで虫のいいことは考えてもいなかった

夕刻、事務所に戻った直後、雷鳴とともに激しく雨が降り始めた。 外の異変と内の平穏のコントラストが金曜夕刻の安堵感を一層倍加させた。 なんとか無事、お盆休み明けの一週間を乗り切った。 束の間、肩の荷降りるこの解放感がたまらない。 まもなく雨があ…

お腹の中は菌だらけ

明石から三宮を経由し帰宅した。 家内は一足先にジムを済ませ、その余勢を駆って家の大掃除に取り掛かっていた。 わたしはひとり2号線沿いのジムに向かった。 人影はほとんどなかった。 我が物顔でマシンを使い、一時間に渡って筋トレを行った。 このところ…

息子からの連絡は大歓迎

帰宅すると家内が待ち構えていてジムに連れられた。 この日マッサージを受けてきたばかり。 せっかく全身をほぐしてもらったのにパーになる。 そう考え適当に流すつもりが、やり始めると力が入って真面目にこなすことになった。 途中、長男から連絡が入った…

西に東に33期

午後の業務先は家の近所だった。 だから一度自宅に戻った。 そろそろ出かけようとリビングで支度していると家内がジムを終えて帰ってきた。 外は暑い。 わたしから申し出るまでもなく、仕事先までクルマで家内が送ってくれた。 業務を終え、再度家に立ち寄っ…

ときおり風が吹いて日が暮れるのみ

お盆休みが明け、息子に注がれていたエネルギーが一気に家へと向いた。 食洗機に不調があって業者を呼び、洗濯機は買い替えのリサーチが開始され、熱射のもと裏庭と各階のベランダに敷布団が干され、玄関に水を巻きブラッシングし、宅急便のドライバーにはよ…

寂しさにつける薬はない

体調すこぶるよく、食事は美味しく仕事は順調で家庭も円満。 申し分ない日々を送るが、たまに心を吹き抜ける寂しさだけは如何ともし難い。 日曜も朝6時から家内は食事の支度を始めた。 食材の買い込みと仕込みは前日に済ませてあって準備は万端。 いつもど…

お盆を過ぎれば年末まであっという間

朝一番の便でテールが届いた。 このところ毎月のように母が気を利かせてくれる。 テールの他、各種肉もふんだんに入っている。 帰省している長男のためを思ってのことだろう。 家内が早速仕込みを始めた。 お盆だからわたしはこの日実家を訪ねるつもりだった…

神戸で昼から女房と飲んだ

朝は牛丼。 家内は手間を惜しまない。 具材は前夜から仕込みが為されていた。 子らがうまい、うまいと言って完食するのも当然だった。 二男を送り出し、まもなく長男も朝から出かけ、家に夫婦が残された。 さて、何をしようか。 息子が東京に帰る前に美味し…

生駒山上から一路明石へ

二男を送り出した後、長男を乗せ墓参りに赴いた。 途中、スタバで家内が三人分のコーヒーを買い、晴天のお盆初日、車内は朝の良き香りに満ち満ちた。 運転しながら隣に座る長男に誰が墓に眠るのかエピソードを交え語った。 読書家で物静かだった祖父はかなり…

家族という繭の中で過ごした一日

さすがに9連休では長すぎる。 8月11日と12日は交替制での出勤にした。 12日はわたしの番。 空は青く澄み渡り電車はがら空き。 役所からの電話があるくらいでのんびりしたもの。 仕事がかなり捗った。 合間合間、長男からメールが届く。 芦屋セントラルが休館…

ごつい背中がいくつも並ぶ

関西にも訪れる場所が数多ある。 先日の京都に続き、この夜は神戸で息子をもてなした。 待ち合わせは午後7時。 ジムを終えてわたしは家内と一緒に電車で三宮に向かい、長男は友人らと映画を見終え梅田からやってきた。 集合場所はステーキの名店ルブージー…

いつまでたっても親の心は休まらない

隣家の女子が二十歳の誕生日を迎え、彼女の父は垂れ幕を作った。 ベランダから階下へと架かる垂れ幕に娘の名と祝成人との文字が大書きされている。 垂れ幕という表現方法に驚きを覚えるがそれ以上に娘への深い愛情と節目に対する喜びが伝わってくる。 日中に…

つながればいいというものでもない

ジムでたっぷり運動した後、息子は梅田に向かった。 久々、西大和の友人らが勢揃いすることになっていた。 例のごとく会は深夜に及びいったん解散となったが、すぐに今日また集合となった。 山の日だから、登山。 皆で六甲山に登り有馬温泉に入ってくるのだ…

兄に一目置くことになった夜

素麺で簡単に朝食を済ませてから京都に向かった。 助手席の家内がいつにも増して饒舌。 運転するわたしに向け話していたかと思えば後部座席に座る長男にも話しかける。 話題が尽きれば静かになる。 そう思っていたが、この日家内が話し止むことはなかった。 …

突然の来訪者

金曜夕刻、環状線に乗って実家に向かった。 突然の来訪だったから父母は驚いた風であった。 いつも月末には寄るようしているがこのところ忙しく延ばし延ばしになっていた。 父は晩酌の相手ができて嬉しそうだった。 こんなわたしでも顔を出して喜んでくれる…

真夜中、細く白い糸が四方に伸びた

息子の夜食は骨付き鶏もも肉と三輪そうめん。 先日の朝日新聞に素麺の話題があった。 遣唐使がもたらした食べ物が原型で、遡ること千二百年前、大神神社で神からお告げがありそのとおりに作ったところ素麺が出来上がった。 この三輪そうめんが元祖となり、江…

この夜も突如センサーが作動した

旅立つときは、ひとりだった。 三年前の夏のことである。 サマセットで二ヶ月近くを過ごし、世界中に友だちができた。 朝食は大和芋と卵の入った山かけご飯、それにテールスープ。 滋養強壮の雄らが集う食卓で二男が語った。 イギリスで出会った皆と再会する…

並び立つ拮抗が互いを高め合う

帰りにちょいと一杯立ち寄った。 まずはキリンの瓶。 続いてアサヒ。 この二つの銘柄が日本の双璧。 ビールの代名詞として並び立つ。 だから飲む際は、両方に敬意を表して計二本飲むことになる。 一本だけでは文字通り片手落ち。 先攻めがキリンで後攻めがア…

寄せ書きから教師の熱量が透けて見えた

懇談があったので家内は塾を訪れた。 1階ロビーに各高校の寄せ書きが掲示されている。 どの寄せ書きにも卒業生を激励する教師の言葉が溢れていた。 字面から学校の雰囲気が窺えた。 その学校に入った場合、子がどのように扱われるのかおおよそつかめるよう…

要約すればせいぜい数行といった話

見合いに臨む直前の心境が日記に綴られ、それが記事の出だしであったからいきなり一面から引き込まれた。 日記は続く。 会って印象良くその見合いが決め手となって伴侶が決まった。 その後も日記に日々の断片が書き記される。 妻への感謝の言葉や昇進が決ま…

休日であっても喜んで仕事する

休んでもよかったが仕事する土曜日となった。 切りのいいところで終えるつもりが気づけば夕刻。 ジムで一汗かいて帰宅した。 これでカラダも強くなって食事が美味しくなる。 このところ忙しい。 仕事が年々いい感じで膨らんで、わたし自身の業務量は程よく締…

歳を取ってはじめて理解できることもある

入試範囲に変更なし。 主な大学の入試要項が7月末日に発表となった。 新型コロナの影響で全国の高校が長期の休校を余儀なくされた。 入試範囲を縮小するよう文科省は各大学に要請し大半は応じたが、主だった大学は配慮不要との判断をくだした。 朝日新聞は…

夕飯をご一緒するならこの一択

傘も持たずに出かけたので心配していたが、家内が出先にて業務を終えたとき、ピタリと雷雨が治まった。 事務所に戻ってきた家内と連れ立って、雨上がりの街を野田阪神まで歩いた。 向かうは、なか道。 先月はじめて訪れて気に入った。 2ヶ月連続で顔を出す…

時々は楽をしてもらう

懐かしい音楽が聴きたくてこのところSmooth Radio LondonというFM放送を部屋で流している。 朝、出かけるとき家内の歌声が階上から聞こえた。 流れる曲に合わせて歌って家内はいまとても幸せなのだろう。 そう思うとわたしの口元もほころんだ。 一足先に出か…

高め合う仲と低め合う仲

帰途、魚屋たこやに寄った。 カツオとヒラメがオススメだと女将が言うので従った。 家に帰って風呂につかっている間に家内が切り分け薬味を添えて盛り付けた。 ビールで乾杯し、新鮮な刺身を二人で味わった。 まもなく二男が帰宅した。 彼も合流。 一口食べ…

赤の他人の中では青くなる

夜10時、わたしに続いて二男も帰宅した。 息子の夜食は家内が作った手羽先と素麺。 彼が食事する様子を眺めつつ、いつものように食卓で輪になり今日のエピソードについて語り合った。 わたしはこの日、星光の先輩の仕事を手伝った。 役割に合致する用事があ…