KORANIKATARU

子らに語る時々日記

吹き出しに入る文字は同じ

仕事後、ジムに寄る。

日ハム戦を画面に見ながら懐メロを聴いて走る。

 

風呂には入らず汗だけ流して帰途についた。

自宅にクルマを寄せて家内を迎える。

 

約束の時間のはずなのに待てど暮らせど出てこない。

明日の弁当の支度にかかって手が離せないという。

パスタが茹で上がるまで待たねばならなかった。

時間にして10分ほど。

 

助手席に家内を乗せて向かうは熊野の郷。

誰かのアンチエイジングの話題となって、それなら芦屋の阿部レディースクリニックに任せておけば大丈夫だろうとわたしは話した。

 

まもなく熊野の郷。

夜10時であるから人もまばら。

 

湯の香りを味わいつつゆったりジャグジーにつかって静かに過ごす。

湯に飽きれば水風呂に頭から飛び込み熱を冷ましまた湯に入る。

照明はほの暗くあたり一帯静まり返っている。

心身再生させるのにもってこいという景色のなか、わたしの独り言に吹き出しつけるなら記載される文字は、ああ幸せ、となるだろう。

 

湯を上がり待合でしばらくぼんやりしていると家内が現れた。

行きと帰りでは空気が異なる。

行きのバタバタ感は影を潜め、帰りは呼吸もゆったり言葉も少な目。

双方の吹き出しには、ああ幸せ、の文字だけが印字されている。

 

自宅に戻って子らと言葉を交わす。

二男は学校の遠足で神戸に赴いた。

楽しかったそうである。

長男からはわたしが先日あげた万年筆の話。

書き味抜群ということだった。

 

そうかそうかと話を聞くだけで一日の終わりに心満たされ、この日はことのほか深い眠りに導かれた。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20180615095854j:plain

Colin Jones, Newcastle, Scotswood road area, 1963.