KORANIKATARU

子らに語る時々日記

この先は子育て後休暇

帰宅すると、家族はくつろぎのなかにあった。

ソファにもたれて映画を観る家内と二男の間にわたしは混ざった。

 

家内は長男の世話を終え、二男は武庫川を走破して、ともにほどよく疲れていた。

だからだろう、リビングで過ごす様子が幸福そのものに見えた。

 

そろそろ夕飯の時刻。

家内と二男が、さあ何を食べようかと相談をはじめた。

 

わたしは帰りに夕飯を済ませていた。

二男の受験が無事に終わって、家内に必要なのは何より休息。

ゆっくり休んでもらわねばならず、息子二人の用事以外で手を煩わせる訳にはいかなかった。

 

クルマを走らせ二人は西宮ガーデンズへと出かけていった。

そこらぶらついて何を食べるか決めるという。

 

息子二人を東京に送り出すことになり、これで家内の子育て期間に一区切りがついた。

この先は、いわば子育て後休暇。

 

早めに生んで育てて、宿題をさっさと終わらせたようなもの。

さぞ気分がいいことだろう。

 

そして、二男が大学4年生になる頃、わたしたちは銀婚式を迎える。

つまり、いま時点、金婚式までの折返し地点にも達していないということである。

 

まだまだこれから。

楽しみが尽きない。

 

もし一人ぼっちであったなら、時はただただ素っ気なく風のごとくに過ぎ去ったのだろう。

家族があってはじめて時間にずしりと来る重みが宿り、だから一層、その味わいが濃厚なものとなる。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20210319051007j:plain

2021年3月18日 長男帰京の日 朝(海老フライ定食)昼(サザエご飯とすき焼き)

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20210318065635j:plain

2021年3月18日昼 野田阪神 渋谷餃子野田食堂

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20210318065405j:plain

2021年3月18日夕 阿倍野正宗屋

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20210319080403j:plain

2021年2月21日 早稲田大学商学部 数学型受験の試験会場は私が通った懐かしの理工学部キャンパス