KORANIKATARU

子らに語る時々日記

遊んで更に結束が強まった

昨夏は帰省した長男を連れ明石の寿司大和を訪れた。

今年は二男を伴った。

 

昼を前に出発し玉津ICで高速を降り片道約一時間。

予約してあった座敷に陣取った。

 

小さい頃、二男が食べることができたのはマグロと玉子だけだった。

いまは何でもよく食べる。

 

しかしマグロが好物であることは変わらない。

トロを頬張ると笑みがこぼれる。

その二男の表情を夫婦で注視した。

 

夏なので形だけでもビーチで泳ごう。

二男がそう言ったので、食後、洲本まで足を伸ばすことにした。

 

明石海峡大橋を渡り、淡路鳴門自動車道を洲本で降りた。

カフェでお茶する家内を残し、息子とかき氷を食べてから大浜海水浴場にて海と対峙した。

 

強い日差しが照りつけ、白い砂浜も沖から打ち寄せる白い波もきらきらと光って見えた。

 

わたしたちは短パンだけになって並んで海へと歩を進めた。

海水に全身をひたし、そして数十秒そこらを平泳ぎした。

 

これにて終了。

まるで儀式のように形だけ、息子と二人、不滅の夏を満喫した。

 

そして、仕上げは風呂。

洲本温泉に日帰りできる適当な場所がなく、神戸まで戻ることにした。

 

家内がコンビニで飲み物とつまみを調達する間、わたしは目的地を神戸みなと温泉 蓮に合わた。

プシューと缶が開いたと同時、わたしはクルマを発進させた。

後部座席の宴会が、海の広がる景色のなか北へ北へと運ばれていった。

 

風呂はガラガラだった。

世情もあるが、ひとり三千円も払って湯につかる人はそうそういないのだろう。

 

男女で分かれ、わたしは二男とサウナで過ごし男ならではの話で盛り上がり、露天風呂にて夏空を眺めて互い星光時代の話を交わした。

 

二男が云うには、66期全員が生涯に渡って大切な友人で、そんな出会いをくれた学校に感謝しているとのことだった。

33期も同じ。

その昔、二男にクワガタムシをくれたデビルをはじめ、馴染みの面々についてエピソードを交えわたしは語った。

 

卒後、先生らへの感謝の念も生じたとのことで、二男は村田先生や石原先生の親心を懐かしみ、対するようにわたしは小田原先生や柴田先生のことを懐かしんだ。

 

風呂を上がるとすっかり日は暮れていた。

一歩外に出て驚いた。

 

神戸の夜景は息を呑むほどに美しかった。

しばしそこに留まり、街の灯を受けて艶めく海に家族で見入った。

 

クルマに乗り込み、そこで家内が電話で名店瓢箪に電話した。

テイクアウト6人前を注文し、元町に寄り焼き立てを受け取ってから帰途についた。

 

夜は家にて二次会。

ひょうたんの餃子に加え、家内手製のすじ肉、各種おつまみが添えられ、ビールが空いてワインが空いた。

もちろんわたしはノンアルコールで付き合った。

 

家族というのは素晴らしい。

遊んで更に結束が強まる。

 

明日もまた楽しもう。

各自豊富を語り合った。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20210828212751j:plain

2021年8月28日昼 明石 寿司大和

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20210828213117j:plain

2021年8月28日午後 洲本 星の果実園

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20210828213111j:plain

2021年8月28日夜 三宮 ひょうたんテイクアウト