KORANIKATARU

子らに語る時々日記

夜10時のうどんすき

忙しいと余計なことを考えない。

存在自体が「機能」と化すようなもの。

 

仕事をこなすのに集中し、その他のことは視野の外に置かれる。

複数の課題に手をつけつつ、一つ終われば、そこにまた次の課題が入ってくる。

 

「機能」に成りきっているとその分、時間の感覚が希薄になっていく。

 

いまが11月半ばであるということが信じられない。

意識の基底部は、時間を数え忘れてその流れについていっておらず、まだせいぜい9月くらいの認識しかない。

 

ふと日付を書こうとして、9月ではないと気付きその差に驚く。

一瞬空白が訪れ、また差が広がっていくということになる。

 

「機能」となっての時間は容赦なく先々進むが、仕事を終えて家に帰ると、そこには昔懐かしいような人間らしい時間が流れている。

 

時間感覚が生命の実感に結びつき、家で人として息吹き返すということになる。

 

この夜は帰宅が遅かったので軽めのメニューが出された。

ウマヅラハギの煮付にもやしのガーリック炒め、そして飲み物はペリエ。

夜9時過ぎの中年の空腹にお誂え向きの取り合わせと言えるだろう。

 

夜10時に門の開く音がした。

上の息子が帰ってきたのだった。

 

家内は即座にスタンバイした。

小鍋に火をかけ、支度してあった具材を入れる。

 

長男がテーブルに着くが早いか、特製のうどんすきが献上された。

腰のある讃岐うどんに、えび、かしわ、ゆず、白菜がかしずき、中央ど真ん中に卵が落とされ、さあ、召し上がれ。

 

夜の10時にうどんすきを作る母。

そう棒読みするように感心し、わたしは家内の動きをスローモーション見るみたいに眺めていた。

 

ふーはーふーは言いつつ、息子が勢い良くうどんをすすっていく。

わたしはその様子も凝視する。

 

そこには人間の時間が流れていた。

 

「機能」として過ごすのとは正反対。

この夜の光景も記憶に深くしっかりと刻み込まれることになった。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20171024095147j:plain

Natasha Newton, The Quiet of the Night 11