KORANIKATARU

子らに語る時々日記

最強のパーソナル・トレーナー

JRの電車に遅れが生じ、この日もまたホームが人で溢れかえっていた。

迷うことなく引き返し阪神電車の駅に向かった。

 

急行に乗って10分。

地元の駅に着き、そこからバスでまた10分。

少し歩いて無事家に到着した。

 

食事の用意は整っていた。

つきだしは枝豆。

 

続いて、大根おろしがふんだんに添えられた秋刀魚の塩焼き。

メインはベトナム風春巻き。

なかに野菜がたっぷり入り、しそが生ハムの味を引き立てた。

 

腹八分目では少しさみしく、一品所望すると、ネギがたっぷり刻まれた納豆に卵が投下された。

そしてデザートはトマトの切り身の入ったもずく。

 

マニアックなほどにヘルシーなメニューと言えた。

 

もし外食せず家で出されるものだけ食べて過ごせば、わたしは絵に描いたような健康体になることだろう。

 

翌朝が早かったので子らの帰りを待たず横になった。

そのまま朝まで安眠といきたかったが、頭痛があって目が覚めた。

 

リビングに降り家内にその旨伝えると、ヘッドマッサをしてくれるという。

それでソファに寝転んだ。

 

書類屋は肩から上で踏ん張っている。

軽く仕事こなした一日であっても、首筋を発信源に思った以上に凝りが周囲に伝播している。

 

それに加え、要所要所で歯を食いしばるからだろう。

側頭部にも疲労が蓄積している。

 

家内は心得たものである。

滞りのある箇所に適確にアロマを塗布し、周辺部含めてもみほぐしていく。

震源地とも言えるような箇所については痛みを感じるが、すべて預けて耐え凌ぐ。

 

特に耳がよく効く。

耳は全身と直結する反射区として知られている。

耳のツボが起点となり、張り巡らされた路線のように神経が行き渡って各所につながる。

 

だから耳のツボを押すと胃がグーとなり、鼻がスーとなり、カラスがカーと鳴く。

 

半時間の施術で頭部の反乱は鎮圧された。

肩から上が楽になると、心も癒えて睡眠がとても快適なものになる。

 

家に最強のパーソナル・トレーナーが控えているようなものである。

この内助の功があってこそ。

すべて納得するような思いとなった。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20181010070437j:plain

Gail Brodholt, Road to Nowhere, 2016.