KORANIKATARU

子らに語る時々日記

家内に二人の用心棒

前夜の牛肉とは打って変わり、この夜ベランダで焼かれたのは豚バラ。

上の息子は学校帰りに勉強中で、下の息子はガーデンズでひとり映画鑑賞中。

 

二夜続けて夫婦で食卓を囲むことになった。

 

冷やしてあった白ワインを開けて乾杯。

Spotifyから送られてくる音楽をBluetooth経由で流してBGMとする。

 

CDを買って音楽聞いていたなど太古の話。

住みよい日本、水と安全だけでなく、いまや音楽もタダとなった。

 

そう考えれば、動画配信についてもネットフリックス全盛の時代、いまだTSUTAYAでDVDを借りて映画見たり、スカパーと契約しているなど、懐古趣味にもほどがあるという話だろう。

 

そんな話をしつつ子らの将来について夫婦で想像を巡らせる。

映画『キングスマン』で分かるとおり、フォーマルなビジネススーツこそが男子の戦闘服。

仕立てのいいスーツに身を包み、世界を縦横駆け巡るようであればかっこよく、親として思い残すことは何もない。

 

ちびっ子の頃はラグビージャージを着てどろんこになって格闘した。

今度はスーツを身にまとい並み居るライバルたちとしのぎを削る。

世界が舞台であれば更に血湧き肉躍る。

 

たまには食事に誘ってくれるだろう。

テーブルを挟み戦果について語る息子の話にわたしたちは耳を傾ける。

 

親なのにまるで無邪気な子どもが紙芝居に見入るよう。

そうかそうかと頷いて相好を崩す。

 

そんな光景を想像しながらであったので、ワイン一本空くのはあっという間のことであった。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20180501180344j:plain

Фото: Marcos Gonçalves