KORANIKATARU

子らに語る時々日記

二日目も寝正月

正月二日目の朝、ひとりクルマで家を出た。

実家の前につけ両親をピックアップし向かうは生駒山上。


後部座席に座る母が言った。

元旦は二人でのんびり過ごし、ほんとうに楽だった。


これまで十分過ぎるほど頑張った。

今後は楽してもらわないとバチが当たる。

だから来年以降の元旦も親戚を招くことはない。

わたしはそう言った。


生駒山上の霊園は例年に比べ人出が少なく、ひっそりと静まり返っていた。

空一面晴れ渡り、山上を吹く風は冷え冷えとしていたが陽射しはほんのり暖かった。


三人で墓を掃除しお供えをして線香をあげた。


「あと10年もしないうちここに入るのかあ」

母がそう言って父も頷いた。


だから帰途、三人でいる空間が非常に貴重なものに思えた。

カーステレオから流れる箱根駅伝往路の中継が、この時間の一回性を強く印象づけた。


家の前で両親をおろしたとき父は言った。

「運転気をつけろよ」


「絶対先には逝かんから安心して」

わたしはそう返した。


事務所に寄るとツバメ君が仕事していたので驚いた。

今日は単なる土曜、そう思えば不自然ではないが奇特なことではあるだろう。

わたしは彼に昼飯代を手渡した。


地元神社で手を合わせ、家に戻ると家内も同様に日常の時間を過ごしていた。

午前中にジムを終え、その勢いを駆って自宅三階の掃除にかかり、各寝室の寝具を全て新しいものに取り替えていた。


だからまだ午後早い時間ではあったが、あとはもう休息と決め込んだ。


一緒にビールを開けドラマ『夫婦の世界』の続きを観始めた。

そして前夜同様、寝落ちした。


夕刻に目が覚め、昼飲みの続き。

今度はNetflixで映画『パラサイト』を観ながら赤ワインを開けた。


やはり名作。

映像からセリフの細部に至るまで見事な造り。

不朽の建造物にも喩えられる完成度と言えた。


明日は『ジョーカー』を観直そう。

女房がそう言った。

正月三日目も寝正月となりそうだ。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20210102220017j:plain

2021年1月2日 息子の朝食 あわび粥,雑煮,花びら餅,デザート

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20210102220022j:plain

2021年1月2日 豚キムチ,ハムサラダ,生ハムメロン,紅まどんな,ラフランス,古都華

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20210102220155j:plain

2021年1月2日 朝(コンビニ弁当)昼(なか卯カレー)

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20210102215259j:plain

昔の写真