KORANIKATARU

子らに語る時々日記

立ち話をして各々別れまた集まる

最寄り駅の改札で弁当を受け取った。 電車が来る間際まで柵越しに立ち話をし、家内の後ろ姿を見送った。 熱々の特製テールスープに白ごはん。 栄養満点。 こんなものを食べれば英気養われ苦役雑役なんでもこなせそうである。 事務所で食べ終えて明石に向かっ…

日本酒が磁石のような役目を果たす

まだ時間が早かったのでひとつ前の駅で降りた。 改札を抜け通りに出て信号を待つ。 左手に視線を感じ、肩越しそちらに目を向けた。 自転車にまたがった男性がわたしを凝視している。 父だった。 わたしは歩み寄る。 なんでここにおるねん、それが父の第一声…

寒さ増すほど暖かさが無上なものとなる

冬は寒いが、それゆえ暖かさが無上のものとなる。 風が冷たさを増す宵の口、帰宅すると床暖が効いていてほっと気持ちが和んだ。 朝食は家でグラタンとサラダ。 昼の弁当はオムライス。 丹波で買った卵がふんわりとろけて極上であった。 家内の作ったものだけ…

名曲の出現は奇跡の瞬間

終業の場所が地元だったので事務所には戻らず帰宅した。 小腹が空いている旨伝えると、家内が手際よくサラダを作りミネストローネを温めてくれた。 丹波で買ったレタスが弾力あって美味しい。 食後、黒豆茶を飲み一番風呂に入る。 湯上がりなので室内着とい…

分かる人には分かるといった質の類の話

前夜のお酒がカラダに残っていたが、朝の武庫川を走って爽快。 シャワーを浴びて全身で水しぶき弾き、完全蘇生が果たされた。 新米を求め、家内の運転で丹波に向かう。 空晴れ渡り、風薫る秋の好日。 出かけずに過ごすなどあり得ないことだった。 丹波へと向…

食べ過ぎ負債が雪だるま式に膨れ上がる

昨晩は午前様。 二次会まで顔を出したのは久々のことだった。 一体何故なのだろう。 酔うと食欲が増す。 昨日はジムでたっぷり運動してからの参加だったのでやたらてっちりが美味しく感じられ、酔いとの相乗効果で人様の二倍は食べたのではないだろうか。 こ…

実は下降していく無限ループ

今日は早めに帰ってくる。 二男からそう聞いていた。 だから帰途、魚屋に寄って刺身ととらふぐ、鳥清で地鶏タタキを買った。 いずれも彼の大好物である。 カテゴリーに分類するなら、わたしは尽くす女タイプ。 自分のためにはしないことでも、息子のためなら…

人目を気にする小さな男

おいしいごはんを作っておく。 そんなメッセージが家内から届いた。 ふと頭に餃子が浮かんだので、ついでに焼いておいてとリクエストした。 仕事を終えてジムに寄る。 夕飯分のカロリーは消費しておかねばならない。 マシンの画像でYouTubeを選びここ最近の…

無名の主婦に光をあてる

ストップと言わない限り延々。 まさに手を変え品を変え、趣向に富んだ串カツが眼前に置かれ続ける。 同じペースでビールを飲み、だいたい同じピッチで串カツを頬張り、そして足が止まるのも同時だった。 どちらが早いかストップと声揃えるように店員に言い、…

名店ひしめく天神橋

予約が5時半だと聞いていたので5時過ぎには天満に降り立った。 天満に着いたことを告げるとすぐに家内から返信がきた。 時間は6時に変更、雲井窯を見てから天満に向かう、とのことだった。 仕方ないので腰据える喫茶店を探しつつ天神橋商店街を南へと下っ…

気づく者がいるからこそ救いがある

月曜朝はゆっくり目の始動。 スクールフェアの振替で学校が休みの二男を連れて家内は買物に行くという。 そのクルマに同乗し、道すがら中央市場ゑんどうで一緒に朝食を済ませわたしは仕事に向かった。 明石での業務を終えて電車での帰途、メールする。 家内…

急勾配は若く体力あるうちに登りきる

なんで涙ぐんだかと言うと、息子の結婚式のことを想像してしまったからである。 秋好天の日曜大安、インターコンチネンタルで若き事業主の結婚式があって招かれた。 昼からお酒。 宴会の末席にて料理楽しみ大いに飲もうと気楽に臨んだ。 が、生まれ持っての…

生真面目ではないが根が真面目

帰宅はほぼ同時だった。 門を開けると、クルマから家内が降りようとしていた。 買物してきた荷物をクルマからリビングに運んでいると、下の息子も帰ってきた。 クラスで企画した焼肉会には参加しなかったようだ。 いつものとおり間髪おかず家内は夕飯の支度…

木々が鮮やか色づき感傷を誘う

山の斜面が午後の陽射しを受けまるで波打つみたいに輝いて見える。 秋深まり木々が鮮やか色づいて感傷を誘う。 車内アナウンスが流れた。 尼崎塚本間でトラックが橋桁にぶつかって線路上に障害物が散乱した。 そのため後続の列車に遅れが生じている。 四條畷…

子の未来を預かる者

母にとって息子の誕生日は特別な日。 なにしろ自身のお腹に宿って十月十日。 文字通り一心同体で過ごした後、難渋の数時間を経てようやく息子が姿を現した。 直に耳にした産声とともに忘れようにも忘れられない、生涯のなか屹立した日と言える。 だから誕生…