KORANIKATARU

子らに語る時々日記

ものは考えよう

日曜日、仕事の峠をひとつ越え、気持ち晴れ晴れ帰宅した。 夕飯は豚しゃぶ。 投入された大根や長ネギ、白菜といった野菜がふんわり甘くてとても美味しい。 焼酎のお湯割り飲みつつ、鍋奉行家内の話に耳を傾ける。 仕事も進んだので実に気分がいい。 これでこ…

毎日が夢の日曜日になるかもね

西九条で大和路線に乗り換えた。 朝からぐずついた空模様であったが午後にはすっかり晴れ渡り、春の日差しがとても新鮮に感じられた。 降り注ぐ光を四方に跳ね返し安治川の川面が賑やか華やいで見え美しい。 想像してみる。 もし万一、自身に死期が迫ってい…

この夜、都合三回家内と意見が一致した

卒業旅行第一弾の行き先は、しまなみ海道。 友だちと連れ立って長男は留守で二男も例のごとく留守。 金曜夜の食卓を家内と囲んだ。 前菜のサラダに続いてふっくらジューシーな手作り餃子。 ビールとよく合う。 Netflixで流す映像は『ウォレス&グルミット野…

更けゆく夜の幸福をしみじみと味わった

北新地に来たときにはレオニダスに寄って家内のためにチョコを買う。 続いて寄るのは鮨処音羽。 ここで息子の土産に音羽巻を買い求めた。 お決まりの用事を終えてようやく今夜の目的地、寿しおおはたに足を向けた。 ちょうどビルの入口で渡邉弁護士と出くわ…

夜遅くひとりでぼんやり考えた

各クラスに満遍なく強い面子が含まれ、目標とする大学はバラけているが互い競い合って高め合い、まま好き勝手、各自の目指すところを受験する。 学年によって多少の差はあっても強い連中は強いので、それが先頭集団となり引っ張って、目を見張るほどではなく…

普通なら習慣に亀裂が入る

社会生活を送っている以上、どんな状況であれ身だしなみは整える。 顔を洗い、髭を剃り、歯を磨き、服を着る。 習慣としてそれら行為は暮らしに根付いているから、たいていどんな場合であっても一通りをなぞることになる。 が、たとえば身内に深刻な事態が押…

もしわたしが教師だとして

もしわたしが教師だとして、生徒に灘に行けとか東大を目指せとか言うだろうか。 わたし自身は棒高跳びでジャンプしても灘に遠く及ばず、ジャンピングシューズを重ね履きして皆が下から押し上げてくれても東大の裾にも手はかからなかっただろうと思う。 生徒…

受験を経ると謙虚になる

中学受験に比べて大学受験は楽。 根拠なくそう思い込み直前にまで至った。 いま、考えを改めている。 大学受験の大変さは中学受験の比ではない。 地方予選と全国大会くらいに違うと言えば分かりやすいだろうか。 絶対大丈夫であろうと目されて通る者がいて、…

男子の役割の対極に属するもの

春晴天の日の午後、出先で業務に携わった。 つつがなく終わることが大半であるが、まれに険悪な事態が生じることがある。 事業所で起こったそのポテンヒットについては、危機管理として未然に防げるよう策を講じてあったが、センターとセカンドが互いに譲り…

観光するみたいに今日を過ごす

昨年と同様、休みなど一日もない3月真っ只中である。 所々点在する楽しみを生きるよすがと決め腹を括って仕事の海を潜水し始めて数日、かつては年がら年中深海に潜っていたのですぐに心身慣れて別段どうってことなく、浮上し息継ぎする間も不要に思えてきた…

恵みの種子が降り注ぐ

やたらと忙しく、夜に連絡が入り朝にも入る。 まるで火の弾でも降ってくるかのよう。 かつて若い頃ならそう感じ身を竦め忌避感を募らせた。 が、いまは認知を変え大いに喜ぶよう心がけている。 忙しさは存在意義のバロメーターのようなもの。 それだけ頼りに…

会話の行き着く先はいつも同じ

仕事後、家内と駅で待ち合わせ寿司屋に寄ることにした。 午後から降り出した雨はまだ止まず、家内がビニール傘を持っていたのでそれでしのいだ。 カウンターに並んで座ってビールで乾杯し、差し出される小品について寸評を述べ合いつつ箸を運ぶ。 いつものと…

出回る前に売切れ必至

久々、上の息子の友人らが泊まりに来た。 我が家の牛若丸は期末試験の真っ最中であったが彼ら弁慶3人を歓迎した。 いずれも理系に属し男前かつ最優秀な好男子。 十中八九、皆が皆がてっぺんの大学に進むことになるだろうから牛若丸にとって学校は違うが良き…

一気に初心に引き戻された

事務所に寄った家内と買い物を済ませ帰宅する。 この日も引き続き卒業式の話題が夫婦の会話を占めた。 数々のスピーチの場面を家内が余さず撮影していて、それをiPadで眺めつつ揚げ出し豆腐やきゅうりとわかめの酢の物といったヘルシー料理に箸をつけていく…

無愛想な顔した日常とのご対面

寝床で気づく。 やたらと今月は忙しい。 そう言えばいつのまにか3月。 息子のことでてんやわんやであった時期は尻に火がついているも同然、無我夢中で突っ走るしかなかった。 めくるめくようなカオスの渦中にあっては何が何だか分からず、自身が向き合うべ…