KORANIKATARU

子らに語る時々日記

北新地纐纈に義父母を招いて夕飯

木曜の夜、義父母を招いて纐纈を訪れた。 北新地に寄るときはいつもレオニダスでチョコを選ぶ。 この夜は家内のためではなく義父母のためにチョコを買った。 待ち合わせ場所はスエヒロ本店の前。 夕刻を過ぎ雨脚が強まってきた。 わたしと義父がひとつの傘を…

最低限の礼節をもって接するに留める

京都での業務を終え事務所を経由し天王寺方面へ向かった。 午後7時に仕事終了。 足はそのまま正宗屋に向いた。 カウンターに座っていつものメニューをなぞっていく。 左右両隣はひとり静かに飲む中年男性。 真後ろのテーブルで差し向かう中年女性の声が甲高…

はじめに鼓動があった

仕事を終えてクルマに乗った。 流す音楽はマイケル・ナイマン。 ランダム設定のトップに現れたのはタイム・ラプス。 出だしからその世界に引き込まれた。 仕事の余韻でざわついた内面が芯から静まっていく。 心落ち着くのは、そのサウンドが心臓の鼓動を模し…

背後に群れ成すツワモノの集団

先日の大阪星光33期卒後30周年二次会。 大北くん、島田くん、安保くんを前に談笑する場面があった。 ふと独り言のように思った。 この三人が本気を出して競ったとして頭脳の明晰さで誰が一頭地抜くのだろうか。 そしてすぐ、背後に群れ成す集団に思いが向い…

性質と役割がぴったりと一致した時間

今回の同窓会でも前回同様、受付と会計を引き受けた。 午後3時頃から受付をはじめ4時に開宴。 この時点で思った以上に神経を使って草臥れた。 遅れて来る者を待つ必要があり、お金の勘定もあった。 会場の外、なかから聞こえる歓声を耳にしつつ札種を分け枚…

何年も何年も当たり前のように一緒に過ごす

きれいに骨だけ残ったサンマが朝食のよき出来栄えを物語っていた。 出された料理を子らは完食し各自の持ち場へと出かけていった。 わたしは家内とともに事務所に向かう。 ちょいと用事を手伝ってもらって、近くでお昼を食べた。 鯖とか烏賊とか真とか。 店名…

凝り固まった認知をほぐして再活性

見慣れた日常が分厚く堆積し、使い回すロジックが固定化していくからだろうか。 50歳手前にもなると認知が小さく凝固して精彩を失ったように感じられることがある。 ある種の最適化とも言えるので差し当たって暮らしに不都合は生じないが、くすんだ認知はフ…

弁当食べつつ思案に暮れた

家内にメールしながら事務所で弁当を食べる。 ヒレカツが美味しい。 そう送ると、山垣の肉をオリーブオイルで揚げたと説明が返ってくる。 このエビは福臨門レベル、何と言う名の料理なのか。 そう尋ねると、エビと豆のニンニク炒めだと返事が届く。 週末に同…

全願望が成就した

13:30と16:00。 この日、出番は2つだけ。 前半はツバメ君を伴い場に臨んだ。 果たして好結果。 初顔合わせの方々も含め意気投合。 食事の約束まで話が進んだ。 強力な味方を得て良き縁が更に広がることになる。 後半はピンで赴き半時間もかからずに業務を終…

数歩の距離の家路についた

お客さんの飲み会の場に顔を出し、数杯だけ飲んで挨拶し帰宅した。 夜風が気持ちよく、コンビニでビールを買って一人で二次会と決め込んだ。 公園のベンチに腰掛ける。 先日の台風の影響で樹木が若干目減りしたように感じられた。 街路灯にも光はない。 空は…

いまがちょうど季節の変わり目

福島郵便局の裏に風呂屋を見つけ、湯に入ってから帰宅することにした。 早い時間帯なのに混み合っていた。 お年寄りの姿が目立つ。 若者らしくわたしは雀の行水で湯を上がった。 外に出ると涼しくて気持ちがいい。 ひんやりとした空気が秋の到来を告げていた…

それこそが生きる理由

日曜日、茨木でフィールドホッケーの国際マッチが行われる。 観戦のため二男は友だちらと朝早くから出かけた。 試合は午後3時。 出発するには早すぎる。 実はその前に皆で映画を観る。 そして観戦後は連れ立ってラーメン。 旅の行程は企画者の趣向によって…

隣のクラスは面白いヤツ揃い

久々何も仕事のない土曜朝、ソファにカラダ預けて韓流映画を2本観た。 『犯罪都市』と『殺人者の記憶法』。 やはり韓流は何を選んでも外れがない。 学校で言えば隣のクラスは面白いヤツ揃いといった喩えになるだろうか。 美男系に興味はないが、泥臭い無骨…

振り返ってみたときには稀少

知らぬうち気疲れなどあったのだろう、思った以上に心身困憊の一週間となった。 金曜午後、京都での仕事が完了し終業。 肩の荷降りて自由の身。 雨模様の夕刻、心晴れてぶらり帰途についた。 乗り換えの際、京阪モールに立ち寄り日本酒を買い求めた。 週末に…

広い場所で遠くを見るのと同じ効果

朝から休みなく煩雑な思考を要する書類作成が続き精も根も尽き果てた夕刻、向かうは福島。 ヘトヘトに草臥れたようなとき、元気あふれる友だちが欠かせない。 福島駅に着いたとき、ちょうど小雨が降り始めた。 シブの会社は駅から目と鼻の先なので傘は不要。…