KORAIGAINIMOKATARU

子らに語る時々日記【抜粋】

大阪星光学院ウェルカムデー

難波から夕陽丘へと向かって歩く。日本橋を抜け、口縄坂を上がれば谷町筋に出る。右に折れれば大阪星光はすぐの場所だ。大阪星光ウェルカムデーの受付は校門前で午後3時から始まる。退職されたOBを現役の先生が迎え交流する。毎年この時期に行われる恒例の…

とってもいいお医者さんが苦楽園にやってくる

1この10月1日、さいとう耳鼻咽喉科クリニックが開院となる。場所は苦楽園。阪急苦楽園駅西口を降りてすぐ。駅からホップ・ステップの至近距離にあってジャンプは不要。真ん前を阪急電車甲陽線が走り、その向こうには桜並木で名高い夙川が流れる。院長で…

門戸厄神きらく寿司が素晴らしい

1壮年男子であれば必ず厄除祈願のお参りをし、そこで頂いた剣先御守を財布にそっと忍ばせ、受験生であれば本番前に訪れて破魔矢を授かり、これで安心、その呪力が身に降りかかろうとする不運悪運を切り裂き蹴散らし、平穏無事な日常の恩恵に与ることができ…

飛沫がもとの水の流れに還るように

46億年前、誕生したばかりの地球は荒れ狂う熱の塊であった。飛来し続ける隕石に含まれていた酸素原子や水素原子が地上で弾けて上空に吹き上げられ、原始の地球は、厚い雲に覆われるみたいに大気の素に包まれた。太陽の光を遮られ、徐々に地上の熱が収まって…

吉原弁護士を紹介してくれたのはタコちゃんだった

大阪星光33期の田中新二と言えば阿倍野天王寺界隈で腕を振るう名医であるだけでなく、私たちの間で人と人をつなぐ強力なマグネットの役割を果たし、同時に、マグネットであるからこそ人のつながりを万一毀損するような因子があればそれを的確に取り除くフィ…

大阪星光学院33期夏会2014

場所は四天王寺のワッシーズ。 数日前から暑さ和らぎ、秋の空気を肌にありありと感じる夕刻6時。 冷えたシャンパンが総勢二十有余名のグラスに注がれ終わったとき、 「薬局が変われば地域医療が変わる」の狭間研至による乾杯の音頭で、2104年大阪星光学院33…

ハザマ薬局・プログリーン

ハザマ薬局配送センターから我が家の玄関に「プログリーン」が届けられた。 朝一番、顔洗う前、歯を磨く前、何よりも前にプログリーンを一杯飲み干す。 喉を通る時点でカラダが喜ぶのが分かる。 そう、カラダは何が恵みか判別つくのである。 男子にとっては…

タコ揚げママと地を這うタコ

1 P&GのThank You, Mum のCMは何度目にしても涙を誘う。 晴れ舞台に立つ我が子を緊張の眼差しで母はじっと見つめる。 子は見事やり遂げ母は歓喜する。 これまでの献身が報われたと周囲に勝ち誇るような喜びではない。 安堵感とともに心から子を讃えるとい…

わしお耳鼻咽喉科で受けた花粉症レーザーその後

ちょうど春場所の頃、スギ花粉は勢力を一気に増し花見の頃まで猛威を奮う。 カップル揃ってマスク姿で出歩くような方を見かけ、また花粉症で寝苦しくなったという声も多くなる。 日本中がクシャミし鼻をたらす。 ネピアが売れてクリネックスもまま売れる。 …

追い払われる

ガーデンズ内にある地名みたいな名のスーパー前に立ち連絡メール打つ。と店員が現れ私が立つ周辺をいそいそ掃除し始めた。いくら鈍感な私でもこれなら気づく。店舗前に不審者があれば追い払うのではなく掃除せよ、こうマニュアルに定められているのだろう。…

戦慄の県道439号線杓子峠

一昨日、四万十市を経て竜串そして足摺へとクルマを走らせた。 途中、ナビに言われるまま細い県道に入ったのであったが、この道が戦慄であった。 家族皆が震え上がり叫び不安に怯え運転する私はウブな初心者のように前傾姿勢でハンドルにしがみつき対向車が…

きょうクリいんちょブログのベストエントリ

きょうクリいんちょうブログの中では「映画と僕」というエントリが最も気に入っている。 ブログを読むことが人物へのアプローチだとするなら、きょうクリブログについては、このエントリから入るのがいいのではないだろうか。人柄を汲む上で示唆深いエピソー…

福効医院、そこに行けば大事にされる

天神橋筋商店街は日本一長いことで知られるが、南端のファルメディコ株式会社を始点とし天満市場を経て、北端の福効医院までをまっすぐ直線で結ぶ。 この商店街は常に大阪的情緒と季節感にあふれ、数あるオーサカ・ストリートのうち最高峰の動脈的存在でもあ…

ゾウとアリの話

スプーン小さじ1杯か、まあよくても大さじ1杯ほどの俸禄が世間相場のなか、私など耳かきひとすくい程度だが、大繁盛の老舗経営者は、巨大ユンボのバケットてんこ盛りの稼ぎを得続ける。 比較するならゾウとアリくらいの差だろうか。 アリは、1円を笑う者…

尼崎大物・たかおか歯科クリニック

たかおか歯科クリニックは、尼崎の大物駅に隣接する。 高岡院長は、星光33期同期であり、音楽の歌唱テストを一緒に歌った仲でもあり、家も近所、そして何より名医である。 歯学部では日本一、名門国立の東京医科歯科大学卒、後進の指導にもあたりつつアメリ…